「物言う魚」たち―鰻・蛇の南島神話

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093860390

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東南アジア、ミクロネシア、ポリネシア、メラネシア方面の鰻、鰐、蛇、竜と言った水棲生物の伝説、神話が集められていました。
    話は多少違うものの基本は同じ内容であったり、飲み込まれることで再生を表す内容だったりと共通性が示されていました。

    古のモンゴロイドの移動距離の凄さに驚かされました。

  • ポニョを見たときに感じた「うわーなんか東南アジアの洪水で滅亡してしまいましたとさ神話みたいでこわっ」は間違いではなかった模様。

    土地によって細かい違いはありますが洪水で滅亡してしまいましたとさ神話はこんなんです。

    ・主人公、ウナギを食べようと思い捕まえて壺の中で飼う

    ・壺の中のウナギが同じ言葉を三度繰り返してしゃべる
    例「泡、泡、泡」「波、波、波」

    ・主人公、怖くなってウナギを海に戻す

    ・洪水がきてウナギを逃がした主人公以外みんな死ぬ

    今をもってまだ怖いって理由でポニョが見られません。

    変形版の言い伝えは日本のいわきにもあって戦前まで特定のお寺の檀家は干支によっては災いが起きる!という理由でウナギを食べられなかったそうです。うーむ興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年、宮城県仙台市生まれ。東京大学で考古学を専攻し文学修士。ハワイ大学で人類学を学びPh. D.(人類学)。宮城学院女子大学、同志社女子大学を経て、南山大学人文学部教授。著作に『海の文化史』(1996、未來社)、『ハワイ・南太平洋の神話』(1997)、『南島の神話』(2002、以上中央公論社)、『「物言う」魚たち』(1999、小学館)、『民族考古学』(2001)、『カメハメハ大王』(2008、以上勉誠出版)、『海を渡ったモンゴロイド』(2003)、『海から見た日本人』(2010)、『世界神話学入門』(2017、以上講談社)、『天文の考古学』(2017、同成社)、Cultural Astronomy of the Japanese Archipelago : Exploring Japanese Skyscape(2021, Routledge)など。

「2022年 『大林太良 人類史の再構成をめざして』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×