上方食談

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093860567

作品紹介・あらすじ

京都・大阪四十余年の東男、鉄の胃袋・石毛直道が京都・大阪・神戸 関西の食の真髄を語り明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文化人類学者の本ですが、関東出身で学生時代から京都にこられたとの事。関東と関西の食事の違いだけではなく、いわゆる3都である京、大阪と江戸の食事の3通りの比較が面白いです。そういえば、「たぬき」の大阪と東京の違いは有名ですが、京都はそれとはまた別!その歴史的根拠の説明までが納得いくように思いました。京都の着倒れ、大阪の食い倒れ、神戸の履き倒れという言葉も出てきますが、このように関西3都が近接距離の中にあるということは幸せなことです。関東の料理で寿司だけが日本を席捲しているのは、実はその簡便さ、美味しさがあるにしても、法律の効果があったということも面白いものです。

全1件中 1 - 1件を表示

石毛直道の作品

ツイートする