下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん

  • 822人登録
  • 3.70評価
    • (139)
    • (117)
    • (279)
    • (8)
    • (2)
  • 146レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861120

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テンポがよくてあっという間に読み終わりました。
    べたべたしない関係というのが心地よい。また二人の価値観がずっと変わらないままなのがよかった。深田恭子と土屋アンナはまさにイメージどおりですね。

  • トントン拍子の語り口。あれよあれよという間に運命が変わっていく、事件が起こって巻き込まれていく。変わっていくけど、肝心の2人の価値観は変わらない痛快さ。

  • ロリィタ服のブランド名がずらっと出てきます。服の描写もしつこいくらい出てくる。
    だが、それがいい。
    定期的に読みたくなる作品。
    刺繍もしたくなるし、ロリィタちゃん以外にもおすすめです。

  • ゴスロリに興味が湧いた作品。映画も面白かったです。ここからズルズルと野ばらワールドに(笑)

  • 深田恭子と土屋アンナのWヒロインの映画があまりにも有名になった原作。映画をDVDで見て面白かったので、手にとってみた。
    これが、おもしろい。
    ロリータ命で友人なんていらない自立するためならプラナリアでいいというぶっ飛んだ「ロココ」な生き様をしている桃子と、いまどきないだろうというよう暴走族で笑えるくらいおばかなイチゴ、対極にあるふたりの友情物語なんだけど、嶽本野ばらってこんなコミカルな話書くんだっけ?というくらい二人の掛け合いや個性が笑える。
    映画もキャラクターがたっていたのでどうしても脳内で深田恭子や土屋アンナが暴れるんだけれど、その影響を差し引いたとしても愉快な一冊だった。

  • 燃えよ剣に並んで私の青春のバイブル(笑)腹抱えて笑って読んでいるのに、ラストはうっかり号泣。映画も素晴らしいけど活字も最高w日本のカワイイは海外からの需要もあるジャンルなので、リメイクし続けて若い世代に観て欲しいな〜と思います。きゃりーちゃんと本田翼でリメイク希望。

  • 面白かった。最後のヨーヨー投げつけるあたりは笑ってなかなか先に進まなかった。
    女子同士のべったべたした付き合いに馴染めない女子高生が読むと、こういう生き方や友情もあるんだとちょっと心強く感じるかもしれない。

  • 何となく手に取って読み出したら、あっという間だった。ヤンキーとロリータの友情話が単純だけど良かった!イチゴのバカさが可愛い、桃子がとても男前。時間を忘れて気持ちよくリフレッシュ出来た。

  • はじめて読んだ野ばら作品『ハピネス』が予想外におもしろかったので、
    今さらですけど読んでみました。
    こちらもかなりおもしろかった。コメディだし。
    文脈より学ぶこともいくつか。
    「生き方としてのロリータ」とかヤンキーの美学とか、
    かたくななこだわりの中から「孤独」や「友情」について教えられます。
    やはり「こだわり」を捨てたら人間おしまいですね。
    あたしはオトナになってから、
    あらゆるこだわりを捨ててしまいましたが…。

    (2006年12月作成レビュー)

  • 【資料ID】54643
    【分類】913.6/Ta63

全146件中 1 - 10件を表示

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんのその他の作品

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乙一
嶽本 野ばら
江國 香織
嶽本 野ばら
矢沢 あい
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんに関連する談話室の質問

ツイートする