ミシン2 カサコ

著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2004年7月1日発売)
3.31
  • (65)
  • (90)
  • (399)
  • (27)
  • (6)
  • 本棚登録 :818
  • レビュー :117
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861410

作品紹介

派手なパフォーマンスで人気を集める美少女ヴォーカリスト・ミシンと、ミシンに憧れてギタリストになった鈍臭い私の、友情よりも愛情よりも深い絆の物語。

ミシン2 カサコの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミシンも傘子ちゃんもかわいいなぁ

    こんな繊細でパンクな子他にいないと思う
    すっごく可愛くて切なくなる作品だった
    あんなにひたむきにミシンを愛せる傘子ちゃんすき!
    とはいえミシンて名前素敵…

  • 随分前に読んだ本だけど、女の子同士の愛情めいた友情に関しては本当にお上手だなあ、と感心させられる。打算のない純粋な愛情ってこういうものでしょ?って言われている気がする。お笑い成分がない分下妻物語よりもよけいそう感じます。

    あと、思春期独特の、格好つけたくても、つけられなかったり、気持ちの表現がまだまだこなれてなくて、上手に伝えられなかったりする、そういうどんくささが残酷なまでに描かれてるのも本書に限らず嶽本先生の特徴だと思う。そういう意味でも、昔なつかしい友達のような感覚でそばに置いておきたい本。

  • ぷっとんでる!!だが、それが良い!!

  • 図書館で夢中で読んだ。やっぱり野ばら様が大好きなのです。

  • 高校生くらいに買って積んでたのを読んだ。当時もあまり好きではなかった嶽本野ばらですが今後もう読むことはないでしょう。『エミリー』と『カフェー小品集』は好きだったけどねえ。

  • 非現実的。さむいところもあった。

  • ミシンの言動にすっきり。

  • この本、野ばらさんの本で一番好きかも??
    すっごい悲しい現実とか、色々描かれてるんだけど、どこまで行っても
    「ミシン」らしい「ミシン」と、カサコらしいカサコ。
    これ、ホンノリ百合というか「エス」なのに百合スキーさんの間ではそんなに評判じゃないような??

    個人的に、涙が出た台詞は、「ミシンなんて、ミシンなんてだいっきらい!」これで、何故なのか号泣した。

    憧れのひとと、同居(同棲?)、バンド生活、そしてMILKのお洋服の数々。

    切なく苦しいけど、読後感は良い小説です。

  • 既読。

  • 音楽は分からない・・・
    でも、良かった

全117件中 1 - 10件を表示

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする