ミシン2 カサコ

著者 :
  • 小学館
3.31
  • (64)
  • (92)
  • (400)
  • (27)
  • (6)
本棚登録 : 830
レビュー : 119
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死オチの方が衝撃的だったかもしれないかなーっても思った。やっぱりわたしはカサコが一番好きだ…!
    女の子同士のちぐはぐで歪んだ愛の物語かな?

  • 名作『ミシン』から4年。待望の続編がとんでもない傑作として誕生した。かつてないスピード感&うねるようなグルーヴ感。圧倒的なライヴの臨場感が読む者を興奮させる、前代未聞のパンク・ロック小説の登場だ!

  • 2007.1.17

  • 死ぬ覚悟があるヤツだけに、私のライヴを聴かせてあげる

  • NANAッぽいな-ッて思ッた(゚Д゚)
    スト-リ-的には嫌いぢャないbb

  • 梅田エストワンのパンクな店員さん(@マンソンfan)を思い出した。

  • ロックンロールスウィンドル!

  • 2006年11月読了

  • 死ぬ覚悟があるヤツだけに
    私のライヴを聴かせてあげる。

    帯に書いてあったこの言葉につきる。
    ロリィタ・デスの歌詞が大好き。

  • なんかよくよく考えるとNANAと少し似ていなくもないよう なミシンかこよす

全119件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶽本野ばらの作品

ツイートする