ミシン2 カサコ

著者 :
  • 小学館
3.31
  • (64)
  • (92)
  • (400)
  • (27)
  • (6)
本棚登録 : 830
レビュー : 119
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミシンの続編。ミシンがライブ中に「ミシン」というキャラを演じてた時はちょっと悲しかったかも。
    MILKという服がどんなのか興味湧きました。

  • ぶっとんだボーカリスト・ミシンと、ミシンを恋愛対象としてダイスキな弾けないギターリスト・カサコ。パンクな世界とMILKの世界。読みやすくて一気に読めました。

  • 下妻物語を読んだときから気になってたんだけど、読み勧めていくうちに、自分だなって思った。
    ミシンはNANAっぽいな。でもあたしはどっちかっていうとカサコの方で。
    この中にある歌の歌詞があるんだけど。
    あたしもあの人を殺して、永遠の愛が欲しかったなって思ってしまった。
    そしたら愛は、心変わりされず永遠だったのに。

  • ミシンの続編で、やっぱりこれも乙女チック!<BR>
    もしいつか自分もカサコみたいな乙女になれたら…と思わず憧れてしまいます。

  • 気になる!

  • ミシンの続編。塞がれた世界なのですが前向きな話でパンク思考な方にはオススメで、私的にも野ばら様の作品の中でも大好きな一作。

  • タイトルの意味が分からない、とお思いの方!
    読めば分かりますよ。

  • うーん 嶽本野ばらは続編結構出すけどどれもあまり好きではないんだよな…

  • 閉じた世界だけれど、前向きな話だと感じた。前作を読まずに2を読んだけれど、特に問題は感じなかった。*読み終わった日:060314*

  • 続* 蝙蝠傘子!!うわw素敵

全119件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶽本野ばらの作品

ツイートする