78(ナナハチ)

著者 :
  • 小学館
3.74
  • (38)
  • (31)
  • (67)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 283
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時間を超えて、場所を超えて。
    78回転のSPレコードが回ると物語が響き合う。
    ゆるやかに、寄せては返す波のように。

    ストーリーそのものよりも、断片的な情景が写真のように印象に残る物語でした。
    草むした廃線の線路をたどる2人の少年。
    青いギターの色がうつった白いシャツ。
    前に立って階段を登っていく小さな白い靴。
    目の前にバラバラに散らかしたそれらの写真を眺めていると、また物語が立ち上ってくる、そんな感じがするのです。

  • 時間と世界が78回転のレコードのように回るノスタルジックな感覚の作品です。個人的に吉田氏の作品は長編が苦手分野ですが今回は結構いけました。

  • 78回転のレコードを巡る短編…が俯瞰すると長編になる作りです。
    最初は一つの話に登場した人や物が次の話に中心となって
    現れてくる、と云う所がなかなか楽しかった。
    「世界は何らかの結晶でできている」あたりのアーサーとか
    自分としては盛り上がったのですが…
    7人姉妹が出て来る辺りからちょっとグダグダしてしまった気がします。惜しい。

  • 帯背
    世界なんて、まだ終わらないというのに
    帯裏
    アーサーのねじ回し
    ハイザラとバンシャク
    七つの夜の箱
    終点駅の駅長室
    ゆがんだ球体の上の小さな楽団
    クローディアと靴箱の都
    中庭の王様
    ツェツェとチェチェ
    二段ベッドの神様

    本作品は、『きらら』(小学館刊)04年6月号~05年9月号に掲載されたものに加筆改稿しました。

  • 人の生活もレコードのように繰り返され、過去として偲ばれ、思わぬところで存在しているのかもしれないなぁ。
    いくつもの人々の生活を、「個」として収束させていないところが、また連綿とつづいていくのだと感じさせられる。

  • 2013 10/4

  • 彼の文章はいつでもモノクロ映画やサイレントなイメージだけれども、この本は今までになくその印象が強かった。

    時間の流れは自由自在、されども人間たちの思いはままならず、といった感。

    女性に夢見てる癖に、その残酷さをもあっさりと書きこなしてしまうものだから、こちらはただ感情のうねりに巻き込まれて振り回される。

  •  ドーナツが作りたくなった。丸い穴のあいたドーナツ。サクッ、ふわっとしていて、粉砂糖がかかっているやつと、生地に重みがあってチョコレートがかかっているの。

  • 「恋に比べれば、友情はほんの少しだけ長持ちすることがある」

  • 78回転するSPレコードをとりまく古今東西の人々。
    読み終えたあと、本を閉じて、目も閉じてじっとしていたくなる。

    夜の塔の末娘の靴の描写や、オリエンタル・ツイストドーナツや、靴職人のもとに訪れる猫・木曜日といった小道具がツボ。

    吉田さんの本を読むと、本当に、小説はディティール、という言葉を実感させられる。
    最近話題の本はディティールではなくストーリーですすんでいくから苦手なのかもしれない。

全41件中 1 - 10件を表示

吉田篤弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

78(ナナハチ)を本棚に登録しているひと

ツイートする