ハピネス

著者 :
  • 小学館
3.49
  • (89)
  • (86)
  • (242)
  • (27)
  • (8)
本棚登録 : 781
レビュー : 132
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093861687

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素直にすごく純粋な恋愛小説でした

    泣くほどの感動はなかったけれど
    胸を締め付けるものがあった
    言葉とか服の描写とか一々素敵だなぁ

  • 既読。

  • 「私ね、あと一週間で死んじゃうの」

    病的な作品が多い野ばらワールドでは」珍しい作品。ありがちな設定だけど、泣ける。残された一週間を、大好きなロリータ服と大好きな恋人と過ごす少女の様子が淡々と書かれていて、それがまた泣ける。

    「君と出逢えたこと、それが私の生きてた意味の全部」
    この文句、グッとくるぜ。

  • 陳腐な携帯小説の様。ときめいたのは服の説明のみ。

  • おもしろいとかではなくて、心地いい。

    感動した。

    いい!

  • 嶽本野ばらなりの携帯恋愛小説といった感じでした。
    野ばらちゃんの小説はわりと切ないのが多いですがこれもそんな感じ。
    中身はよくある携帯小説やらなんやらのように病気で余命いくばくかの少女と恋人の男の子の話でした。
    ただ、何の障害もなくひたすら幸せな耽美なお話です。
    いつものようにお洋服沢山できらきらひらひらしていました。すてきでした。

  • 死というテーマの割に軽く読める。
    悲壮感なく、最後まで好きなことをし通す姿勢、ロリータ根性?がらしいと思った。

    生まれてくること、生きることに意味はあっても、死ぬことに意味はない、に納得。

  • とてもわかりやすい純愛。
    籠の中のつがいの鳥たちのように、予定調和の仕切りの中で。

  • 「私ね、後、一週間で死んじゃうの」

    ロリータに憧れる女のコとその恋人の男のコの一週間。
    結末の分かっている中での幸せな日常ってどうしてこんなに
    切ないんでしょうか(´;ω;`)ブワッ
    こんなに誰かを好きになって、好きになってもらって
    あと大好きなお洋服にかこまれてって、女の子の幸せだよなぁと。
    この作者ならではの、忠実なロリータ服描写がやはり素敵。
    そして主役の2人の空気感がかなり素敵。
    読んでて胸が熱くなりました。そして号泣。

  • 面白かった(^ω^)泣けると思う。

全132件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハピネスのその他の作品

ハピネス (小学館文庫) Kindle版 ハピネス (小学館文庫) 嶽本野ばら
ハピネス (小学館文庫) 文庫 ハピネス (小学館文庫) 嶽本野ばら

嶽本野ばらの作品

ツイートする