神様のカルテ

著者 :
  • 小学館
3.99
  • (1322)
  • (1496)
  • (904)
  • (169)
  • (38)
本棚登録 : 8694
レビュー : 1596
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862592

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本の帯に「優しい小説」や「泣けます」と書いてあり、今更ながら読みました。話は24時間365日診てくれる地方の病院で働くイチさんの話です。医療用語なども出てくるのですが、わかりやすく書かれているので想像しやすかったです。よくある医療小説かなと思って読み進めるうちに、急に涙が止まらなくなりました。帯に書いているように温かい涙です。イチさんを支えるハルさんも素敵です。大学病院で断られた患者さんを最後まで看取るイチさんと病院。こんな素敵な病院で最後を迎えることができる患者さんも幸せだなと思いました。

  • 映画になったことを知っていたけど、もっと恋愛ものなのかと勘違いしていた。地域医療について考える、良い作品でした。

  • 晩年余命を意識したとき、自分はどうふるまっているだろうか?
    信州の田舎病院で多忙な毎日を送る主人公。
    華やかさは全く無い。
    最先端医療に惹かれつつも、向き不向きがある。
    先輩医師が言う「誰が下町の年寄りを看取るんだ?意外と嫌いじゃないだろ?」。
    癌末期の女性年配が、死後託した手紙。
    悲しむのが苦手な主人公の号泣シーンにもらい泣き。
    治療だけが医者の仕事ではない。
    良い医者にはなりたいが、何を持って良い医者か?
    良き酒、良き友、良き同僚、そして愛する細君に囲まれながら、
    理屈っぽい主人公が、奔走する心地良い物語だ。

  • 一止の前向きな性格、患者や周りの人に対する心遣いは心地よく感じられたけど、
    言葉づかいだけがどうも気になって仕方がなかったです。
    重い医療問題を散りばめながらも軽いタッチで読みやすく、
    読書が苦手な人にも多く読んでもらえ、医療問題を知ってもらうには良かったんじゃないかな。
    読後はじんわりと心が温かくなりました。

    【栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365対応」の病院で働く、29歳の内科医である。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。
     そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった】

  • 読み始めてびっくりしたの。面白すぎて。

  • “神の手”と表する最先端手技の対極として、“神様のカルテ”。
    いい言葉です。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11086120.html

  • 2011.2

  • 長男が持って帰ってきた⑨
    長男も4年間,松本で過ごした。
    この春,就職です。

  •  美しい物語だ。厳しい地域医療の現実を書きながらも、主人公の古めかしい口調など、どことなくゆるやかで穏やかな空気感を醸し出している。
     なによりも美しいのは、主人公が患者に対して誠実である事、それが感じられるので涙腺を刺激されてしまう。
     ほどよくユーモアが織り交ぜられた文章も読みやすく、登場人物も個性豊かでいい読後感。

  • たんたんと、静かに、つもっていく。

    書評でとても良い感じだったのと、映画化もされているはずだしと読んでみました。

    お医者さんが活躍する話しなのかと思っていた。
    実際、そのとおりでもあるけど、
    内容は予想の斜め上をいきました。

    キッタハッタの医者の話ではないんですね。
    医局とかそんな人間関係を描いた話しでもなく
    終末医療に関してでもあるけど、それとも違う。

    主人公と奥さんとアパートに住んでいる人や医者仲間、看護婦、そして患者さんたちの交流が淡々と描かれているんだけど
    じんわり、赤外線のぬくもりのような小説でした。

    「泣けますよ!」とか「感動できますよ」などという押し付けがましさが一切なく
    しんみり心に沁みて、通勤で読んじゃったのがもったいなかったと思いました。

    静かな空気と夜空が感じられる本でした。

全1596件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

夏川草介(なつかわ そうすけ)
1978年、大阪府生まれの医師・小説家。信州大学医学部卒業後、医師として勤務。そのかたわら2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作は第7回本屋大賞2位となり、2011年、2014年に深川栄洋監督、櫻井翔主演で映画化される代表作となった。

神様のカルテのその他の作品

夏川草介の作品

ツイートする