神様のカルテ

著者 :
  • 小学館
3.99
  • (1322)
  • (1496)
  • (904)
  • (169)
  • (38)
本棚登録 : 8694
レビュー : 1596
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862592

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  フィクションとは言え、医者不足や経営破綻で先細っていく地域医療の悲惨さを、こんな安っぽい美談に仕立てていいのだろうか。

     人嫌いの主人公医師、ロボットのような甲斐甲斐しい妻、いざというとき頼りになる老先生、美人の看護師たち、豪放磊落な友人、最後のお涙頂戴のための患者と、登場人物はみんなステレオタイプで、久しぶりに読んでいるのが悲しくなるくらいだった。
     せめて主人公の変人ぶりが森見登美彦ばりだったら良かったのに、きわめて中途半端。

     著者は医者らしいが、現実逃避のために書いた小説としか思えない。是非、現実に向き合って医療に専念してほしい。

  • 本屋でやたら推されてたから読んでみたものの…うーん。残念ながら特に何も残らなかった。

  • 登場人物すべての人間としての優しさが共感できる。タイトルの「神様」、「カルテ」がどう本編とつながっているがよくわからない。

  • 文章が軽すぎて読みにくい。
    どこが面白いのかさっぱりわからなかった…

  • 映画化されたやつです。翔くんとあおいちゃん。
    さらっと読める感じで。悪くはないけれど、ページ数が少ないので、内容もそんな感じかなぁと。
    It's not my cup of tea...

  • 主人公は悩むことも多いけど、天職につき最愛の奥さんもいつも隣にいて、結局は毎日幸せです、というのを綴っている。。自分が幸せだったら共感しつつ楽しく読めるのかもしれないですね。

  • 本屋大賞2位の本。
    個人的には残念な本。
    まず、文章があまり上手ではない。読みにくい。漱石風の口調で古めかしいから読みにくい、というのではなく。
    さらに、主人公が重度の漱石オタクなので喋り口調も古めかしい、周りから変人だと思われてる、という設定を生かし切れていないように見える。彼の奥さんも同じアパートに住む住人も一風変わってる。けどこれも性格をごっそり入れ替えたとしても問題ない、気がする。なんのためのキャラ設定だったのかよくわかりませんでした。

    最先端の医療で最前線で働くお医者さんの話ではなく、その場所に住む方々のために働く地域密着型のお医者さんの話、ってところはすごくいいと思うんですが…。

  • 表紙に惹かれ、帯やポップでやたら宣伝されてたので読んでみた
    細君や情景描写は好みだったが別に泣かなかったし
    中身もなんか薄っぺらい気がした
    正直期待外れ

    他の人のレビューを読んでみると俺は相当異端みたいだけど
    宣伝力の勝利って感じでした

  • 宣伝されていたから読んでみたけど本業じゃない(医者)が書いたって感じ。まあまあだけど宣伝ほどじゃない。医療の場面とほのぼのした場面がかけ離れてる。

  • 本屋大賞2009(だよね、2010ぢゃないよね、なぜか)にノミネートされたので読んだけど、なんだかよくわからない作品だった。あの本の感じと、あの作家の文章と、あの作品のあの部分と・・・の寄せ集めの様な気がした。 すまぬ。この本は、なんでもTVで凄いCMを遣っていたらしい。だけど、普段は朝のNHKニュースとサッカー日本代表の試合しかTVを観ないわたしは、全く知らなかった。いったいどういう内容のCMだったのだろう。もし、そのCMをみていたら、たぶんこの本は読まなかったかも知れない。天邪鬼なのです。すまんこって。

著者プロフィール

夏川草介(なつかわ そうすけ)
1978年、大阪府生まれの医師・小説家。信州大学医学部卒業後、医師として勤務。そのかたわら2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作は第7回本屋大賞2位となり、2011年、2014年に深川栄洋監督、櫻井翔主演で映画化される代表作となった。

神様のカルテのその他の作品

夏川草介の作品

ツイートする