下町ロケット

著者 :
  • 小学館
4.42
  • (2795)
  • (1873)
  • (492)
  • (34)
  • (9)
本棚登録 : 11608
レビュー : 2247
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862929

作品紹介・あらすじ

第145回(平成23年度上半期) 直木賞受賞

取引先大企業「来月末までで取引終了にしてくれ」メインバンク「そもそも会社の存続が無理」ライバル大手企業「特許侵害で訴えたら、…どれだけ耐えられる?」帝国重工「子会社にしてしまえば技術も特許も自由に使える」―佃製作所、まさに崖っプチ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白かった。だんだんとぐいぐい物語に引き込まれ、テンポの良い文章でページをめくるのももどかしく読みました。
    中小企業を舞台とした企業小説?で、銀行マンだった作者の経験と知識が大いに活かされた作品かと思われます。
    ロケット打ち上げ失敗からの転職、主要取引の打ち切り、特許を巡る訴訟社員間の対立といった、次々と課せられる紆余曲折と難問に耐え抜き、次第に好転させていく様がストレスの大解放となって心地よかったです。(笑)
    勝訴の場面やロケット部品納入業者選定を巡る検査での啖呵、そして何よりも最終場面などは大喝さいものですね。(笑)
    神谷弁護士や殿村部長、だんだん好い人になっていく(!)財前部長のキャラは好感度抜群でした。(笑)
    結末をみれば中小企業の大成功と夢がかなうという物語で予定調和しすぎるきらいがありますが(笑)、大いに元気をもらった小説でした。

  • 今、TVで放映中のドラマ「下町ロケット」があまりにも面白いので、
    前半が終わった頃合を見計らって、原作を読んでみた。

    監督さんによっては
    映像用(?)に、原作をいじって変えてしまう方もいる様だが、
    嬉しい事に下町ロケットに関しては、ほぼ原作に忠実。

    役者さん達もイメージとは若干違うな?と感じた人選だったが、蓋を開ければ
    下町…では最も大事な<人の心を動かす台詞>に熱い魂を吹き込んで、大切にしてくれた素晴しい役者さん揃いだったなぁ。

    仕事とは何か…
    生きるとは何か…
    何の為に生きているのか…

    ぼ~っと考えていても正しい答えなんか元々無いんだから
    自分が納得する答えを生涯かけて探してゆくしかない。
    ただ、
    下町ロケットには、
    誰もが光の射す方に正しい答えがあるんじゃないか?
    そう思っても許されるような優しさと希望がある。

    重力に逆らって飛び立つのが困難なのは何もロケットばかりじゃない。
    座りっぱなしの人間が立ち上がる事にだって、相当な労を要する。

    でも、ある種のエネルギーが不可能を可能にする。
    そもエネルギーがここにはある、様な気がした。

  • 面白かった。本当に。
    どんどん読み進んだ。
    ワクワクした。
    感動が伝わってきた。
    感動の滴が落ちた。

    宇宙開発研究者の佃が開発した水素エンジンを搭載した宇宙ロケットの打ち上げは...失敗した。
    その責任を取らされた佃は家業の中小企業の2代目社長としての日々を過ごす。
    そんな佃に大口顧客からの契約解約、言いがかりのような訴訟、次々と舞い込む試練に会社の存続が危ぶまれ、社内の人間関係さえも悪化していく...

    大手企業が中小企業を下にみる物言いや態度。
    利益のため、自身の出世のためには相手がどうなろうと関係ない。
    そして嫌な銀行屋たち。

    そんな悪の塊に外から翻弄され、内からもなぜお金になるかならないかわからないものに大金をつぎ込むのか、それは社長の単なるエゴじゃないかと突き上げをくらう佃。

    佃を通して、「会社とは何か、なんのために働くのか」を考える自分がいた。
    自分がいまできている行動は変わってしまったなと。

    今の自分に大切な感情を思い出させてくれた。
    一級品のエンターテイメントの物語で。

    本が嫌いな人でもきっと楽しめる物語です。
    夢の力で。

  • 読んだばかりの「空飛ぶタイヤ」に引き続き読んだので構成的にはよく似た作りだけど何しろロケットがテーマだからスケールアップして読者を引き込む。2010.11初版で直木賞を取った作品。
    宇宙研究者だった男が理由あって中小工場の経営者に転じ、しかしロケットエンジンの中枢部品の開発を成して それを武器に堂々と重厚長大企業と渡り合って夢を追い続け、冷ややかだった社員達も共に闘う仲間に転じて行き 遂に気持ちいいエンディングへ。お定まりコースの展開だけどスカッと楽しい小説です。

  • 是非エンジニアには読んでほしい本です。
    商品開発や知財をやる人ならなおさら。

    一気によめて「いい本読んだな~」と気分よくなれます。(笑)

    文句なく★5つ。

  • 夢と勇気をありがとう。元気になる物語である。
    ロケットのエンジンシステムに、街工場の技術力が使われるなんて、夢のような話である。日本の技術職人技は、まだまだ、捨てたものではないどころか、最先端といっても過言ではない。品質管理システムについては本書には出てこないが、それは、外部品質保障とは、別次元の話からだろう。
    国の、大学の、研究機関の高度な研究を、展開、中小企業に移ってからも維持できるものだろうか?不可能ではないと思うのだが、夢は持ち続けるべきである。この技術があるからこそ、競争する大企業とも立ち向かえた。技術者としての佃は、一級だが、社長としてはまだまだ、人望が足りない。殿村という社員を得て、人間関係と、社運が変わっていく。全社が一丸となって、目標に向かって進む様になっていく。これも快進撃である。結果、予想も出来なかった、人々の協力も得られ、夢の実現が可能となった。

    • vilureefさん
      だいさん、こんにちは!

      沢山の花丸とコメントありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします(^_-)-☆

      池井戸さん、...
      だいさん、こんにちは!

      沢山の花丸とコメントありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします(^_-)-☆

      池井戸さん、どの本も間違いないですよね。
      分厚いけれどサクサク読めるし、読後感は良いし。
      この本も良い作品でしたね。
      2013/05/17
    • だいさん
      vilureefさん
      こんにちは
      コメントありがとうございます。

      vilureefさんのレビューは、とても面白いですね。読んでいて...
      vilureefさん
      こんにちは
      コメントありがとうございます。

      vilureefさんのレビューは、とても面白いですね。読んでいて、楽しくなります。

      この本は、下町工場の技術&宇宙について書いていたので読んでみました。
      2013/05/17
  • 展開が速くって、読むのがやめられない面白さでした。
    嫌な大会社や銀行、嫌な人間がいる中で最前線をいく中小企業 佃製作所。
    幾多の(本当に多くの)困難を乗り越えてロケット打ち上げに貢献します。
    本当にすばらしい会社です。
    (経営学的に考えればまたいろいろな深い見方があるのでしょうが・・)
    本の中に登場する企業人として一番好きなのは財前さんでした。

    WOWOWでドラマ化もされるようです。
    是非観てみたいと思います。

  • 直木賞受賞作。
    「がんばれ!」と迷わず言えて、「やったあ!」と素直に喜べる。
    いまどき珍しい話?

    佃航平が下町の工場を継いだのは、ロケット打ち上げ失敗の責任を取らされた後。
    研究者だった人間が6年を経て、大田区の町工場を技術と情熱で引っ張り、いつしか立派な経営者に。
    研究費は莫大で、一見赤字だらけの中小企業。
    大きな取引先からは切られ、銀行には渋い顔をされる。
    だが、銀行から出向してきた殿村は次第に重要な戦力に。

    大会社ナカシマ工業からは見下されて、吸収合併を狙って訴訟を起こされる。
    高性能小型エンジンのステラはもちろんオリジナルだが、特許のとり方しだいでは隙をついて後追いで広範な特許を取ることも可能。専門家でないとどちらが先か、判別は難しいのだ。
    一般の弁護士では反論が難しく、裁判は暗礁に乗り上げかける。
    特許を買い取ろうという動きも。

    危機にどう対処するべきか?
    給料が決して高いわけではない社員達も、巨額の研究費に不満を覚える‥
    しかし、いい仕事をしたいというプライドが誰にもある!
    エンジン会社としては部品を作ってこそ。
    特許を売ることで儲けるのは一見巨額をすぐ手に入れられるようだが、それで将来を閉ざしていいのか?
    様々な人の力を借り、勇気と決断をもって、回りを説得していく。
    元気が出る快作。

  • 完全無欠の池井戸潤の金字塔。
    働くことの意味を考えさせられる名作。

  • 面白かったな~
    いろんな本を読んでみて、
    心の底からそう思える本に出会えた時は非常に嬉しい。

    訴訟だの買収だの、会社の世界もいろいろ。
    夢を実現させる為に奔走する社長に反発する社員たち。
    でも社のプライドにかけて一つになるみんなの思い。
    それぞれがとても人間味溢れていて、
    特に殿村部長は影の主役かなと。
    下町の町工場万歳です!

全2247件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池井戸 潤(いけいど じゅん)
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学文学部および法学部を卒業。子供の頃から本に親しみ、作家を志すようになる。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。以降、2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞をそれぞれ受賞。他の代表作に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』、花咲舞シリーズ『不祥事』、『空飛ぶタイヤ』『民王』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『アキラとあきら』など。多くの作品がドラマ化・映画化されており、特に「半沢直樹」と「下町ロケット」は非常に高い人気を誇った。 2019年6月21日、人気作『陸王』が文庫化される。2019年7月開始の大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』原作を担当し、6月14日に単行本化。

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

下町ロケットを本棚に登録しているひと

ツイートする
×