十津川警部 鹿島臨海鉄道殺人ルート (小学館NOVELS)

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862943

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後、所長が全く疑問を持たずに試合を組む展開は
    ちょっと納得がいかない。
    いくらなんでも署長が間抜けすぎる。

  • 剣道にまつわる話。

    殺人事件にまきこまれた警官。
    上野で起きた殺人事件も異様。

    母と父を殺された剣士が,
    死刑囚になって、最後の対決試合に挑む。

    警視総監が手紙を書くという剣道の世界。
    やや違和感があるのは剣道の世界を知らないためかもしれない。

  • 120211

  • 南紀白浜などを舞台とした作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

十津川警部 鹿島臨海鉄道殺人ルート (小学館NOVELS)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする