鳩の撃退法 下

著者 :
  • 小学館
3.47
  • (44)
  • (63)
  • (66)
  • (31)
  • (10)
本棚登録 : 525
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863896

作品紹介・あらすじ

人々の交錯が一日の物語となり浮かび上がる

もうしばらくだ。もうしばらく待てば、偽札事件は終息する。一家三人の神隠し事件はともかく、みずから関わった騒ぎのほうは警察も裏社会の“あのひと”こと倉田健次郎も追跡を断念するだろう。追手の心配がうすれ、そう考えた津田伸一はノートに鉛筆で「二年前、夏」と文章を書き出し、しばらく平穏に過ごしていた。
ところが翌月に入って、ハンバーガーショップに姿を見せた女優倶楽部の社長からいきなり退職金を手渡され、最後通告を受ける。
「このままじゃおれたちはやばい、ラストに相当やばい場面が待っているかもしれない。おれたちというのは、床屋のまえだとおれ、それにもちろん津田さんの三人組のことだ。だけど厳密にやばいのはあんただよ。わからないか。夜汽車に乗って旅立つ時だよ」
あのひと倉田健次郎が散髪に現れたのか? 房州老人のあの大金は裏社会から流れてきたものなのか? 数日のあいだ身を潜め、せっせと小説の下書きをつづける津田伸一にまもなく決断の時期が訪れる。
忽然と姿を消した夫婦と娘、郵便局員の失踪、疑惑つきの大金、そして「鳩」の行方……多くのひとの人生を大きく左右する二月二十八日の交錯が、たった一日の物語となって雪の夜に浮かびあがる。


【編集担当からのおすすめ情報】
本作品は文芸誌「きらら」に足かけ4年にわたり連載されました。その期間毎月、次回はどんな内容がどんなふうに描かれるのだろうか、と待ちきれなくてうずうずしていた編集者にとっては、こうして上巻から下巻までいっぺんに読める「あなた」が正直なところうらやましいです。下巻では急展開も待ち構えています。ぜひ最後の1行まで、これぞ小説、と言えるおもしろさをご堪能ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻の帯に「この作者の新作を、ずっとじっと、ひたすら待っていました」と角田光代のコメントが書かれている。
    まさにその通り。私もずっと待っていた。
    佐藤正午は大好きな作家のなかでも、私にとっては村上春樹以上の待ち人。
    この本も5年ぶりの長編である。(しかも上下巻!)
    今回もずいぶん待たされました。

    念願の図書館予約一番を勝ち取り、年末年始に読める―!
    あー、でもきっと面白くて一気に読んじゃうんだろうな、ムフフ。
    なんて思いつつ読み始めたのは良いが、予想に反して手強い相手だった。

    津田伸一は直木賞を二度も受賞した(?)経歴を持ついわば過去の人。
    この津田が冬の日にドーナツショップである男と知り合った。
    まさにその日の夜に男は家族と共に忽然と姿を消した。

    現実に起こった失踪事件を元に小説をしたためる津田。
    その小説の中の世界と現実の津田の生活を錯綜しながら物語は進んでいく。
    どこまでがフィクションでどこまでがリアルなのか段々分からなくなってくる。
    伏線をいくつも張り巡らせた巧みな展開は一筋縄ではいかない。

    タイトルの「鳩の撃退法」にある鳩とは一体何を意味しているのか。
    つがいの鳩はどこへ行ってしまったのか。
    後半になるまで明かされない鳩の真実。
    最後は全ての謎が解き明かされ・・・。

    読むのに苦労させられましたが、最高に面白かったです!
    ここまで複雑な構成はなかったんじゃないかな。
    無冠の帝王、佐藤正午。やはり只者じゃない。
    彼の作品には良く使われる過去に遡及する展開がミステリー要素と相まってぐぐっと惹きつけられちゃうんですよね。
    忘れてはならないのが会話の妙。
    佐藤正午の台詞回しの巧さはいつ読んでも痺れる。
    必ずと言っていいほどのだめんずっぷりが良いのよね~。
    これは好き嫌いが分かれるところだと思うけれど私はたまらなく好き。
    憎めないのよね、なぜか。

    もう、本当にありがとうと言いたい。
    こんなにボリュームのある小説を堪能させてくれて。
    佐藤正午氏、この小説を「墓碑銘にしたい」なんて言ってますが、そんなことおっしゃらずにもっともっと新作を書いていただきたい。
    切に願います。

  • 変人たちが出そろった上巻が終わり、主人公の活躍の場は東京の中野ふれあいロードに移る。仕事もデリヘル会社の専属ドライバーからバーテンへ。その店の女社長もなかなか個性的。そんな中、主人公の副業としての作家活動はノリに乗る。

    ようやく「鳩」の正体が判明するが、それはたいした問題じゃない。いや、結構な大事件ではあるんだけど、本作品の最大のミステリーはこの話がどこまでが事実で、どこまでが主人公の創作なのかってことだ。そして、主人公はやっぱり著者の佐藤正午自身なのか?

    主人公の津田同様、この小説発表の数年後に著者、佐藤正午は本当に直木賞を取ってしまう。それが本作品の本当のオチだ。

  • 図書館で。最高の読書時間でした。手品の様な本だったなぁ。

  • 小説の中の話なのに、実際の話なのか創作なのかいろいろと考えてしまうところがおもしろい。
    自分が作家の津田でもお金は手放したな。
    元々自分のものでもなかったんやもん、見なかったことにできる。面倒事に巻き込まれるのだけは勘弁や〜。
    そうは言っても、お金となると目がくらむものよね。
    あれがあったら……と。
    しかし、いろんなことが関わり合ってたんだ。

  • 作家、津田伸一は今は風俗店の送迎ドライバーをしている。
    ドーナツショップで会った男が妻と幼い娘と共に行方不明となる。
    津田は、行方不明事件を題材に書き始める。
    後に古書店主から津田に届けられたキャリーバッグには大量の一万円札が入っていた。
    津田伸一、どうなる?
    上巻で「いまあなたが読んでいるこれは、基本、深刻な物語である。」と書かれている。
    しかし、津田伸一が書く小説は、笑えるのである。
    小さなことにこだわり続ける津田。
    下巻では「僕のことばは、あなたに届いているか?」と書いている。
    そう!!彼は読み手に問いかけるのだ。
    はい!津田伸一からのことば、受け取りました。
    面白くてニヤニヤが止まらなかった。
    佐藤正午さんが楽しんでいる様子が伝わってきた。

  • ー15時系列に整理された物語として読んでみたい。筋が頭に入ってこない。

  • 上巻が面白かったのに下巻小説家がどう書くかゴタゴタして失速! 結局上巻の伏線は見事回収されたけど、なにか。外の人の感想はどうかな。うまくこの感じ表現してないかな

  • 時間があれば再読しよう

  • 小説家が過去と現在を語りながら、また小説として書き足すような話。こんなに読むのに必死になった小説は初めてで疲れた。鳩で繋がる主人公たち。この長い会話のやり取りは必要なのー?て、たまにイライラもした。上手く回収はされた感あるけど、え?あれは?て未回収のままな事もあるにはある。佐藤正午サンの本は非常に疲れる(笑)が、一度目より二度目が面白いのは分かってるので、この長い小説をまた読む事になる。合う合わないが大きく別れそうな作品。

  • 傑作。

    交錯する時間軸と登場人物、コミカルなセリフの応酬、魅力的な舞台設定と鍵を握るガジェット。
    内田けんじの映画(『運命じゃない人』『アフタースクール』『鍵泥棒のメソッド』)と似ている。
    個人的には、こういうのは映画よりも小説の方が向いているように感じる。

    いきなり最初の2章での人称のすり替え方の鮮やかさに度肝を抜かれる。
    そして虚構の中に虚構を構築するメタ構造。
    もちろんこの『鳩の撃退法』自体が虚構なのだが、その虚構の中に事実と虚構(与太話)が不連続に織り込まれるのだ。
    上下巻合わせて900ページを超える大作だが、構成力が素晴らしいのでまったくダレない。
    その上で構成力を支える筆力(文章力)の確かさ。

    1つ前に読んだミステリ小説が、構成力と筆力の点であまりに貧しかったので、この作品の秀逸さが際立つ。
    やはりこういう作品に出会えるから小説読みはやめられないのだ。

全88件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年長崎県佐世保市生まれ。『永遠の1/2』ですばる文学賞、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞受賞。おもな著作に『リボルバー』『Y』『ジャンプ』など。

「2016年 『まるまる、フルーツ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤正午の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
伊坂 幸太郎
吉田 修一
宮下 奈都
池井戸 潤
村田 沙耶香
宮部 みゆき
西 加奈子
朝井 リョウ
三浦 しをん
東山 彰良
佐藤 正午
東野 圭吾
高野 和明
角田光代
東野 圭吾
塩田 武士
三浦 しをん
中村 文則
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

鳩の撃退法 下を本棚に登録しているひと

ツイートする