夜行

著者 :
  • 小学館
3.36
  • (146)
  • (369)
  • (495)
  • (158)
  • (34)
本棚登録 : 3718
レビュー : 524
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093864565

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 始まりから終わりまで不思議なお話だった。
    謎のまま終わることにどこか恐怖を感じさせられた。

  • 本屋大賞候補作ということで購入。
    読んだ後、ポワーンとした不思議な感覚でした。
    ミステリー?ホラー?ファンタジー?世にも奇妙な物語のような展開に読み進めていくと、ゾワッとしたヒンヤリ感がありながらもどうなっていくんだろうというワクワク感もありました。
    物語は、連作短編集の形式で書かれていて、それぞれの登場人物の視点で、旅先で出会った不思議な物語を語っています。そこで共通しているのは、「夜行」という絵が登場している。読んでいくうちにいつのまにか不思議な世界に迷い込んでいく様は、今までにない感覚でした。
    ただ、個人的には、スッキリと謎が解けて終わってほしかったです。それぞれの登場人物の章の謎を残したまま、次の登場人物に変わるので、モヤっと感もありました。

  • ある一行でゾワッとなったのは、恐ろしくもあり文章の表現力に感動すらした

  • 幻想的で、不思議な話。
    途中まで怪談かと思っていた。

  • よくわからん

  • あまり森見さんらしくない小説。

  • 十年前、京都で学生時代を過ごした六人だったが、鞍馬の祭りの夜に長谷川さんが消えた。新聞にも載ったが彼女は結局見つからなかった。
    十年ぶりに長谷川さん以外の五人が祭りの夜に集まった。そこで語られたのは、それぞれが旅先で出会った岸田道生の銅版画『夜行』にまつわるエピソード。皆、旅先でおかしな人と出会い、銅版画に出てくる風景そっくりの場所と女にいざなわれそうになっていく。
    祭りの夜も更け、五人で出かけていくが、私だけ皆とはぐれてしまう。妙な予感がして皆に電話をすると十年前に消えたのは私だったらしい。どうやらここは今までとは別の世界。銅版画は『夜行』ではなく『曙光』。長谷川さんは消えていなくて、消えたのは自分。すべてを把握した私は元の世界の朝に戻っていく。
    ただ一度きりの朝、夜はどこにでも通じている。

    --------------------------------------

    「私」以外の四人が体験した不思議な話には、つかみどころのない恐ろしさがあった。おかしな行動をする人と銅版画の風景に魅入られてしまう人。それぞれの話の結末すらはっきりわからない。
    ただ、鞍馬での夜の出来事を通してみれば、祭りの夜と『夜行』シリーズには、向こうの世界とこちらの世界をつなぐ”穴”みたいなものが生じてしまう、ということが分かった気がする。

    そういうふうに考えてみれば、なんとなく怖さはなくなるからまた不思議だ。こちらの世界では死んだ人が向こうでは生きている。消えた人が向こうでは普通に暮らしている。そのほかにも変わっていることがたくさんあるんだろう。
    向こうの世界には元気な長谷川さんがいた。それが一番素晴らしいことだ。

    この話のなかでは、『夜行』側と『曙光』側の世界というふうに分かれていたけど、それは現実の自分の世界にも同じことがいえると思った。
    しばらく会っていない友達。もう何年も会っていないから友達と呼ぶことすらできないかもしれない。彼らが毎日どんな生活をして何を頑張っているのかも知らない。皆、自分とは違う世界にいってしまったような気がしている。
    でも、それは別に悲しいことじゃない。別の世界で皆が元気に暮らしているなら、それはそれでいいよな、と思う自分がいる。世界はふとした瞬間に繋がる。ここが夜なら、向こうも夜。朝は一緒にやって来る。

  •  今まで読んだ森見登美彦のものとは雰囲気が全く違っていた。不可思議な世界というところは共通だが、その不思議な世界に身をゆだねたい、という感覚にはならなかった。短編の連作になっているが、結局最後まで読んでも、あまりつながりも何もよくわからなかった。

  • 表紙を見て、「また冴えない大学生の主人公が片思いしている女の子を射留めるために四苦八苦する話なのかなー?」と思っていたが、実際は全く違って久しぶりのホラーテイストな作品でした。
    ただ「きつねのはなし」や「宵山万華鏡」とはまた違った雰囲気で、不気味さを感じつつもどこか幻想的な世界が繰り広げられており、タイトル通りどこか暗い夜道をひた歩いているかのようなそんな気持ちを抱きながら読み進められて、非常に引き込まれるものがありました。
    とは思うものの、正直な所話の内容については消化不良でした。全5章で構成された作品なのですが、それぞれの話に繋がりがないように思えるし、また矛盾しているようにも思えました。誰か解説して。。。

  • 良く分からなかった。
    この感想が正解なのか?と心配になってしまった。

    どの話もぞわぞわする。
    何だか良く分からないけどぞわぞわ。
    消えた人はどうなったのか?ラストは結局どういうこと?色々な疑問だらけだがこれぞ思う壺なのか…

全524件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

夜行のその他の作品

夜行 Kindle版 夜行 森見登美彦

森見登美彦の作品

ツイートする