下町ロケット ゴースト

著者 :
  • 小学館
4.02
  • (85)
  • (157)
  • (68)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 994
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093865159

作品紹介・あらすじ

大人気シリーズ、待望のシリーズ最新刊!

佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!

2015年に放映されたドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)の大ヒットも記憶に新しい、「池井戸潤、絶対の代表作」に待望のシリーズ最新刊が登場!

倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。
しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。
いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先ヤマタニからの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機――。
そんな絶対絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは・・・・・・。

大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ! 大人気シリーズ第三弾!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『下町ロケット』は、文庫化を待っていられないお気に入りシリーズのひとつ。
    単行本にしては、廉価であり、迷わず購入(笑)
    佃製作所に次々と迫る幾多の試練、それを一つ一つ克服し大団円を迎えるという毎度お馴染み勧善懲悪のパターン。
    それでも著者の小説に、読者は魅了せずにはいられない。
    書中、佃と彼の会社の従業員との会話がある。
    「ひとが好くて、商売下手。それが社長のいいところですが」
    「成長のために道義を曲げることなく、堂々と人の道を行く。こんな馬鹿正直な会社があってもいいんじゃないですか」
    「社長は、儲かるかどうかという以前に、人として正しいかどうかという基準で経営判断されたんです」
    社長と従業員のこんな会話に、読者は皆カタルシスを覚えることだろう。
    最近の新聞で、企業の不祥事あるいはデータ偽装・改ざんのニュースを見るにつけ、なおさらの思い。

    裏表紙に、早くも第4弾が今秋発売予定との宣伝があったが、読み終えて納得。
    本作で完結ではなく、次巻へ続く前篇だった!
    ギアゴーストの二人を始め、佃製作所が今後どのようになって行くのか、今から刊行が待ち遠しい。

  • シリーズ第3弾。
    ドラマのキャストで脳内再生される。
    王道な展開。
    メインの危機が佃製作所ではなく、あまりはらはらせず、安心して読める。
    自分たちの損得ではなく、誠実さをつらぬき通す佃製作所の、変わらない方針がすがすがしい。

    佃製作所が脇役のまま、中途半端な終わり方で、もやもや。
    それなりにたのしめはしたものの、単独の長編小説としては消化不良。
    上下巻とつけるか、『下町ロケット ヤタガラス』と同時発売の方がよかった。

  • 下町ロケット3作目。今回の表紙は畑、耕耘機。内容はまさしくそれ。取引先から非常な通告を受けたり、取引先の帝国重工の業績が雲行き悪く、佃製作所に危機がふりかかる。そんな中、経理殿村の父が倒れる。殿村の家は三百年続く農家。殿村は週末に手助けに行く。佃はそこで耕耘機、トランスミッションに目をつける。そこでトランスミッションのベンチャー企業であるギアゴーストと出会うことになるが、ギアゴーストは特許侵害で訴えられる。ギアゴーストは、佃はどう動くのか…。これは、秋だか冬にでる次作の前話というか、今回が前編で次が後編と言った感じなのかしら。今回はギアゴーストの問題を佃が手助けすると言った感じですが。次作は佃の頑張りが見れるのではないでしょうか。殿村さんの今後も気になるし。そんなわけで、ここで終わらせないでよ〜と少々残念でしたが、全体としては、安定的な面白さで一気読み。このシリーズ、困難な中で成長して行く流れのものですが、実際にありそうな会社事情、経済世界についてなどうまく織り交ぜ、毎回、興味津々です。降りかかる苦難の中、会社を守っ行くのは、そして維持だけでなく成長させるのは難しいのねと池井戸さんの本を読むと本当に思う。あと、殿村さんの言葉「意に沿わない、仕事を命じられ、理不尽に罵られ、嫌われ、疎ましがられても、止めることができないのがサラーマン、経済的な安定の引き換えに心の安定、人生の価値を犠牲に戦っている」これは本当に頷けますなあ。人として正しい道をゆく路線の佃製作所、これからも目が離せない。

  • シリーズ第3弾。
    ロケットエンジンから始まり、前作では人工心臓弁と壁にぶつかったり、たくさんの困難を乗り越えてきた佃製作所の面々。
    今作では、帝国重工のロケット事業の悪化など、また様々なトラブルが起き、新しい取引先として、自動車のトランスミッションを開発する「ギアゴースト」のコンペに参加し、取引が決まるはずが、「ギアゴースト」が特許侵害で訴えられて、倒産の危機に…
    いつもなら、佃製作所が危機を迎えて、それを乗り越えていくのが定番だが、そのパターンが通じないと思ったのか、今作はちょっと変化球を投げられた感じ。
    しかも、秋に発売される後編があるらしく、ラストはすごい消化不良。
    そして、何よりがっかりなのが、ドラマ化ありきの原作であること。
    池井戸作品の映像化がヒットしていることは、もちろん知っているけど、もともと池井戸作品を小説として楽しみにしている私は、最近の作品は映像化のイメージを守り過ぎてて、純粋に楽しめない。それがとても残念。

  • 下町ロケット、第三弾。
    宇宙から、人体へ、そして今度は大地へ...
    先週7/20発売ですが、一気読みしました。

    これまでの佃製作所や帝国重工に加えて、トランスミッションメーカーのギアゴースト、小型エンジンメーカーのダイダロスなどなど、沢山の新たな企業やキャラクターの登場にワクワクします。

    佃製作所を巡る苦難は、更に続き、いかなる展開を見せるのか。

    最後、殿村部長との別れには、しんみりとします...
    秋には、更に第四弾「ヤタガラス」が出るとか。

    大いに期待します。



  • 佃製作所にまたまた危機が!?
    ・・・はいつものことですが(笑)

    取引先との契約打ち切り、絶望の中新しい事業への糸口が見つかったかと思いきや、やっと見つけた取引先の特許係争に巻き込まれ、
    解決したかと思いきや、え?最後はそっち??
    という中途半端な状態で終わるという。

    よく見ると、次の「ヤタガラス」が秋に発売とのこと。
    今回は前編という感じだったんですね。
    いつもの爽快感は特許裁判のところで健在でしたが、
    それ以外は結論はまだまだ先のようです。
    今回張られた伏線が、「ヤタガラス」で回収されるのが楽しみです!

    「ゴースト」の新しいキャラが面白い。
    島津さんがきっと次回良い働きをしてくれるはず♪
    帯の「宇宙から大地へ」も、ほほーー、そういうことですか!
    と思える伏線あり。
    いつものとおり気持ちよい読後感は、次回までお預けですね。

  • 宇宙から大地へ。自作は秋発売とのことで、この“下町ロケット ゴースト”はそのプロローグ的な作品かなあ...いづれにしても、殿村が去った後の佃製作所、ダイダロスと資金提携を行ったギアゴースト、宇宙航空企画推進グループへの移動の決まった財前などなど、今後のストーリー展開が気になります。

  • 前編のようです。
    読応え抜群です。一気読みしてしまいました。

    これから始まる大きな物語の序章にすぎないのではとワクワクしてます。
    というのも佃製作所の話というよりも
    人間関係等を主として
    これから敵対するであろう会社との経緯の
    構想を描かれています。また去りゆく仲間も
    後半必ず深いところで出てくるとニラんでます。
    といった妄想しながらこれだけは、
    はっきり言えます。

    秋頃次回作が発売まで待てません!

  • ガウディ開発に成功したその後の佃製作所が描かれる第3弾。
    これまでの競争環境が変わる中、佃製作所にも変化が訪れる。

    これまでの主要人物達に加えて、新しく登場する魅力的な人物達。
    一気に読了に至った。

    いくつも張られた伏線がどうなるのか?第4弾に向けてのプロローグ的な内容ながら、
    それでもいつも勧善懲悪は健在で、スカッとする内容。
    きっとハッピーエンドは想定されるものの、それに至るプロセスは実に楽しみ。
    一刻も早く続編を読みたいし、ドラマも観たい。

  • テレビドラマを見て、どうしても読みたくなってしまいました。「下町ロケット ゴースト」、一気に読んでしまいました。熱血佃社長の行く手には様々な試練が。でも、全社一丸となって、困難に立ち向かう。協力してくれる人、理解してくれる人の助けもあって、難局を切り開く。いつもながらの水戸黄門パターンだけどやっぱりハラハラドキドキしながら、最後は正義が勝って、人情があって何だかとてもうれしくなる作品。このパターンに少々飽きてきたようなところもあるけど、一気に読ませてしまう池井戸潤さんの語り口はさすが。そして、やっぱりと思いながら、読後は爽快。とても楽しく読むことができました。

全135件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池井戸 潤(いけいど じゅん)
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学文学部および法学部を卒業。子供の頃から本に親しみ、作家になりたいと思っていた。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。

以降、2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を、2011年『下町ロケット』で直木賞をそれぞれ受賞。他の代表作に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』、花咲舞シリーズ『不祥事』、『空飛ぶタイヤ』『民王』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『アキラとあきら』など。多くの作品がドラマ化・映画化されており、非常に高い人気を誇る。

下町ロケット ゴーストのその他の作品

下町ロケット ゴースト Kindle版 下町ロケット ゴースト 池井戸潤
下町ロケット ゴースト Audible版 下町ロケット ゴースト 池井戸潤

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

下町ロケット ゴーストを本棚に登録しているひと

ツイートする