新章 神様のカルテ

著者 :
  • 小学館
4.56
  • (138)
  • (67)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 827
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093865319

作品紹介・あらすじ

320万部のベストセラー、大学病院編始動

信州にある「24時間365日対応」の本庄病院に勤務していた内科医の栗原一止は、より良い医師となるため信濃大学医学部に入局する。消化器内科医として勤務する傍ら、大学院生としての研究も進めなければならない日々も、早二年が過ぎた。矛盾だらけの大学病院という組織にもそれなりに順応しているつもりであったが、29歳の膵癌患者の治療方法をめぐり、局内の実権を掌握している准教授と激しく衝突してしまう。
舞台は、地域医療支援病院から大学病院へ。
シリーズ320万部のベストセラー4年ぶりの最新作にして、10周年を飾る最高傑作! 内科医・栗原一止を待ち受ける新たな試練!

【編集担当からのおすすめ情報】
「新章 神様のカルテ」に寄せて
「神様のカルテ」を書き始めて、いつのまにか十年が過ぎた。私の歩んできた道を追いかけるように、栗原一止の物語も五冊目を数え、本作をもって舞台は大学病院へと移る。栗原は、私にいくらか似たところはあるが、私よりはるかに真面目で、忍耐強く、少しだけ優秀で、間違いなく勇敢である。そんな彼が、大学という巨大な組織の中で描きだす、ささやかな「希望」を、多くの人に届けたいと思う。
夏川草介 深夜2時半の医局にて

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 栗原一止が大学院へ。消化器内科医として働き、大学院生として研究を重ねで2年が過ぎる。大学病院の決まり・仕組み、29歳のすい臓がん患者をめぐり、准教授と対決する。
    パン屋・宇佐美教授との意見の違い、立場の違いはあるもののそれぞれ病院、患者さんのこと考えているんだなと、病院内でより良くなるために戦っているんだなあと伝わります。一止さんが子育て、家のこと、そして、成長、奮闘する姿は読んでていて爽快だし、今後の活躍、ずっと見てみたいです。今回は、やはりすい臓がんの患者についてのところ(後半)は、見応えありありでした。長野の空気とともに先生の活躍を続けて読みたいです。

  • 待ちに待った続編。大学病院編へ。
    大学病院へ入局した立場でも、一止らしい考え方で迷いながらも突き進んでいく。
    「人の話をしているのだ」という一言。

    大学病院の医師も独特な人ばかり。変人奇人の集まりだと思う。
    一止も研究、論文、診察・・・様々な問題に突き当たっていく。
    また、私生活でも下宿の取り壊しなど問題が多発する。
    娘が生まれたからか、ハルさんの凛とした姿勢がパワーアップした気がする。

    読んでいてイラっとするような人達でも、いざというときには専門職としてかっこいい姿を見せてくれる。
    懐かしい人たちも登場していて、嬉しい。外村さんが一番かっこよかった。

  • ドクトルイチがかえってきた。

    大学病院での院生になった一止はやはり変わらず信念のある
    イチさんだった。ハルとの間に可愛い小春ちゃんも生まれて
    大変だけどとても幸せそう!
    御嶽荘は取り壊される危機は免れて一安心。
    医療の道に満足は無いのかもしれないけれど
    イチさんのこの先がとても楽しみだ。
    「大丈夫でないことはたくさんあると思いますが、それも含めて大丈夫です」という
    ハルの言葉に何故が私も安心する。

    御家老へ「パンと患者の話」は気持ちよかったし、
    きちんと聞いてくれた御家老も
    いい人じゃん!ちゃんと大黒様に伝わっていたし。

    松本の風景、美しい山々に憧れるわぁ。
    立山連峰を近くに遠くに見ながら暮らすのは
    どんな気分だろうか。

  • あー、イチさんかっこいい!
    大学病院でもかっこいい!

    私 大学病院の膵胆肝科で入院手術した
    イチさんはいなかった
    パソコンの画面見てる先生だけ
    かろうじて研修医にお一人

    どの先生も猛烈にお忙しそう
    でも でも
    患者と向き合う医師

    ハルさんと小春ちゃんがいるから大丈夫だね
    イチさん

    一気に読みました
    ありがとう

    ≪ 信州の 山に約束 この仕事 ≫

  • 第1作目から涙なくしては読めない作品。きれいごととばかりでなく、命と向き合う大切さ、しんどさ、不条理さが伝わるからかもしれません。
    最近、新聞で大学病院で働く医師の重労働が取り上げられていました。この本を読む限りでも大学病院に限らずとも医療現場で働く医師たちの労働基準法など存在しないかのような過酷な労働は見えてきます。

    本条病院から信州大学病院へと職場を移した一止。引きの栗原は大学病院でも健在なのに、加えて大学院の研究、研修医の指導とさらに過酷になってきてます。
    中間管理職のつらさも味わってます。
    得てして患者に好かれる医師は組織では倦厭されがち。そんな一止が研修医、若手、先輩や教授たちに囲まれてどう生きていくのか興味がありましたが、やっぱり真面目さは変わらずでした。

    医学生や医師による犯罪の報道が以前に比べて増えてきている中、それでも願わずにはいられません。“純粋に患者の話”をする医師が減らないことを。

  • 感動してしまった。
    命の現場のお話は、小説であるとはわかっていますが
    こころに刺さるものがあります。
    主人公も魅力的ですが。その周りの医師たちの
    パーソナリティが魅力的な人物像がいろいろあると
    思いました。特に主人公の班長は、昔の自分(若い時)としてはめざすべき人物像だったような気がします。

  • 大好きなシリーズの続編が出ていたことを把握していなかった失態。光景が思い浮かぶ優しい文章に惹かれて一気読み。

  • 全シリーズを読んで4年ぶりということで手に取りました。

    研修医から大学病院の内科医になった一斗。
    以前も患者側の立場に立って治療などに
    携わっていましたが、今回も更に患者側の立場、
    患者の家族に寄り添いながら奮闘しているのがとても良かったです。

    とかく大学病院というと論文、教授争い、医局内の対立などと
    患者の気持ちなどをないがしろにしがちなイメージが強く
    それを中心に描かれている小説が多いですが、
    今回は多少これらの要素も入り込んできますが、
    重要な患者三名を中心にし、
    治療方法を進めながら物語が展開されていきます。

    特に若くしてからの29歳の患者の場合は
    一分一秒の時間も無駄にはしてはいけない状態だったので読んでいてハラハラとさせられ最後に辿り着くまで
    心が落ち着きませんでした。

    いくら優秀な医者であっても最新の医療があっても
    必ずその病気が治せるという確実性はなく、
    難しい病気の患者さんほど医者であってもたじろいてしまうという現実が
    この作品ではよく伺えました。

    けれどそれにも負けずに、立ち向かう一止を中心とするチームのスタッフの対応には心打たれます。

    自分の命があとわずかだとしても、
    人間には生きるということは権利ではない、義務です。
    という言葉は印象的です。
    生きている限り懸命に生きるというのが誰にでも
    与えられたものだと確信できます。

    そして大学病院でのルールがあったとしても、
    患者さんの心の声に答えながら、地域の病院などにも
    協力を得るという型破りなやり方であっても
    患者側に喜ばれることならばこんなに良いことだと思います。

    良い環境での医療現場、スタッフ、研究などと
    大学病院は医師にとっても患者にとっても最高の医療現場かと思います。
    これをただの白い巨塔だけではなく、最高の治療が出来るように
    医師達がそれぞれ手を組んでもれたら更に医療が高まるかと思います。

    四季を感じながら自然に月日の流れを感じさせ、
    緊迫した医療現場との対比になってこの作品らしいなと思いました。

    一止さんのような患者側に立った医療と治療を進めていくのはとても難しいと思いますが、
    作品のような環境が少しでも多く増えれば
    良いなと心から思えました。

  • 大学病院へ逃げた形で終わっていたが「0」では学生時代に逃避してしまった。今回新章という形でやっと大学病院の闇を晒す気になったようだ。しかし膵臓癌はやはり死を覚悟しなければならない病のようだ、以前勤めていた病院長も膵臓癌と診断されてこれで人生終わったと感じたらしいが、たまたま同病院で消化器内科の名医に命を助けてもらったらしく助かることもあるらしいが、普通は死を覚悟する病のようだ。最近はQOLを重視する医療だが、介護現場やお役所仕事の地域連携センターは楽することを考えがちだ。次作も医療の問題点を問いただしてほしい。

  • 1冊目に出会ったのが高校生の時
    内容も忘れたころ4冊目!
    わたし消化器内科選んで良かったな。
    明日からも頑張ろう
    真面目に真剣勝負。

全108件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

夏川草介(なつかわ そうすけ)
1978年、大阪府生まれの医師・小説家。信州大学医学部卒業後、医師として勤務。そのかたわら2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同作は第7回本屋大賞2位となり、2011年、2014年に深川栄洋監督、櫻井翔主演で映画化される代表作となった。

新章 神様のカルテのその他の作品

新章 神様のカルテ Kindle版 新章 神様のカルテ 夏川草介

夏川草介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新章 神様のカルテを本棚に登録しているひと

ツイートする