戯曲 半神

  • 小学館
3.93
  • (23)
  • (7)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093871969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校生の時、演劇部で上演しました。
    誰からも愛されない子・シュラと誰からも愛される子・マリア、シャムの双生児は離れられない運命。
    でもそこに数学者がやってきて、二人を切り離す手術を行うという。

    そして残された2分の1は霧笛の音を聞きながら何を思うだろう。

  • 多磨美の公演をみて、読みたくなった。
    raight eye と同じく劇中劇の形をとっている。言葉遊びが素敵。

  • 夢の遊眠社での舞台がよすぎてよすぎて
    演劇部辞めたものの台本読みたくて読みたくて

    野田秀樹は天才だ

  • あまりに社会科系の本が多いので、演劇なんてどうでしょうか。

    ~ストーリー~(OHPより)
    醜いが高い知能をもつ姉シュラと、美しいが頭が弱い妹マリア。ふたりは、半身を共有しながら、時に反発し、時に依存しあいながら存在してきた。

    しかし、負担の大きさから双方ともに衰弱し、十歳を目前にして死の危険に直面する。救う方法はひとつ。分離手術によって、どちらか片方を生き延びさせる方法だけだった。手術の成功で生き残ったのは、シュラなのか、マリアなのか・・・



    得意の言葉遊びを駆使して、萩尾望都原作漫画のテーマをより深淵に書き出した名作。エディンバラ国際演劇祭出品。
    もう何度見たかわからない。でも、何度でも見たい作品。
    いまは某動画サイトで見れちゃうみたいですね。。

  • シャムの双子は第九を越えられない運命……どこからきて、どこへいくのか。
    深い内容と言葉遊びの数々。
    高校生の時に出会い、大きな衝撃を与えられた戯曲。

  • 戯曲後の対談を読みま
    芝居のアンケートに萩尾望都の名でさいんをするあたり浮世離れしているな〜

  • 萩尾望都原作の「半神」を、野田秀樹が脚本化した作品。

    原作とは異なる設定、ストーリーが楽しめる。
    この舞台観たかったなぁ。

  • ト書きまで綺麗です。
    野田秀樹最強。
    原作もすばらしいのだと思いますが、まだ読んでないんです。
    末尾の対談の中で、萩尾さんが、「野田さんが素敵に膨らましてくれた」とおっしゃってます。

  • ・Herz[ヘルツ](英:heart)
     ?心臓
      ein Kind unter dem 〜en tragen 子供を宿している
     ?(感情・勇気・決断などをつかさどる場としての)心,魂,心情
     ?(呼びかけで)愛する人,いとしい人
     ?中心,心臓部
     ?ハート形のもの
     ?【トランプ】(a)(無冠詞;単数で)ハート;(複数)ハートの札
            (b)(複数)切り札がハートのゲーム

  • 野田秀樹の作品はト書きさえも美しいと思う。

    この作品はすごく神話の要素も含まれていて、
    奥が深いです。

全21件中 1 - 10件を表示

戯曲 半神のその他の作品

戯曲 半神 単行本 戯曲 半神 萩尾望都

萩尾望都の作品

ツイートする