夕映えの人

著者 :
  • 小学館
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093872416

作品紹介・あらすじ

主人公・小谷四太郎は六次郎、八三郎、十二四郎という男ばかりの四人兄弟の長兄。明治生まれの両親の死後、兄弟たちそれぞれの家庭に数々の問題が起こった。それは他人から見ると一見平凡で、どこの家庭でも起こりうるような出来事だが、当の家族にとってはとてつもなく大きい。そんなある日、四太郎は重大な決心をした…。生きがいのある老年の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エキセントリックなものではなく、日常の中の死や不幸と向き合う小説。
    読んでて、あまり楽しい小説ではないですね。
    でも、その分、特別なことではなく、誰の日常にも発生しうる出来事の連続です。
    自分の肉親が脳死状態になった時に、尊厳死を選択するのか、それとも、その状態のままでとにかく生きてもらうことを選択するのか、考えさせられるものがありました。
    でも、読んでて、ちょっとつらかったな。

  • やっぱり医者の文学作品というのは面白い。人が死ぬこと、生きることについて、それらに付随するテーマが主。きっと自分の経験に基づいているのだろう、というエピソードや思想が散見される。やはり、それらを深く、ストレートに考えさせられる医者という人々は自分なりの答えをだそうとするのだろう。加賀乙彦ってもっと堅いイメージがあったけど、テーマがはっきりしていて読みやすいと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

加賀乙彦の作品

夕映えの人はこんな本です

ツイートする