世界音痴

著者 :
  • 小学館
3.74
  • (133)
  • (130)
  • (229)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 940
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093873734

作品紹介・あらすじ

僕は青春ゾンビ、僕は恋愛幽霊。末期的都市に生きる歌人、穂村弘(39歳・独身・総務課長代理)。寿司屋で注文無視されて、夜中に菓子パンむさぼり食い、青汁ビタミン服用しつつ、ネットで昔の恋人捜す。唖然呆然、爆笑そして落涙の告白的エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほむらさんの1994~2002年に各誌に掲載されたエッセイを集めた1冊。

    みんながやるように「自然に」ふるまうことができない。
    「自然さ」を奪われたものは世界の中に入れない。
    それゆえ、つけられた本書のタイトル。
    ああ、ほむらさんだっ!

    ほむらさんのエッセイは笑いながら読みつつも、100%笑い飛ばすことができません。
    それは誰しも時折感じるであろう周囲とのずれのせいかも・・・と、本書を読みながら思いました。
    自分の中にある周りとチューニングがずれた部分が、ほむらさんの文章に反応してひりひりするような気がするのです。

  • あっやっぱりこのひと恥ずかしい恥ずかしいと手で顔を隠した指の隙間からこっちをじっと観察しているひとだ! こわい!

  • 世界と音程が合わない。

    飲み会が苦手だったり、飲食店ではコートを脱ぐか脱がないかで
    迷い続けたり、世の中に対して自然に振る舞えない穂村さんの
    ダメっぷり全開のエッセイ。

    「わかるわかる」と思う部分あり、「いや、私はここまでじゃないぞ」と
    思う部分あり。

    普段感じている生きづらさというと大げさかもしれないけど
    生活の中で感じる周囲との違和感を穂村さんが文章にしてくれて
    救われたような気がした。

    何より「世界音痴」というタイトルがかっこいい。
    太宰治の「人間失格」並みにかっこいいと思う。

    この本を面白いという人とは友達なれそうな気がする1冊。

  • この人はやばい。中二っぽいときに読んだら引きずられてしまう。
    自分にコンプレックスがあり、自分がもっとよいものだったらいいと思っているのに、最終的には自分だけが好き。
    他人からどう思われているか気にしまくりなのに、どう思われているか自体は自分の中で完結している。変な人、とか、奇妙、とか、、それをあきらめている。
    そういう評価が自分に下っていることを変えようと思わないし、違うかもしれない、ということは露ほども思わない。
    怖い。なんだかわからないけれどぞっとする。
    自分も世界音痴だなあ、と思っていたけれどほむらさんに比べればまだまだひよっこだった。

    私は新しい世界を見たいし、人とももっと関わりたい。自分だけで完結した世界に住み続けたいとは思わない。
    そのためには嫌な人ともうまくつきあいたい。最低限だけで。

    世の中の見方が斬新で面白い、というのはそれだけで孤独なのかもしれない。

  • やっぱり穂村弘が好きだ。

    ツボにはまったところをメモしとく。
    ・ノストラダムスの章。
    ・年賀状の枚数のくだり。
    ・高校二年のパンピー(ジュースの一種)の話し。

  • 可笑しくて、やがて哀しき…&どこかヘン!(爆)

    私的穂村ワールドとの出会いの一冊。
    半分読んだとこでジュンク堂に走って、とりあえず手に入る文庫版エッセイを買い占めるという行動に走らしめた記念碑的一冊。
    本家本業の短歌作品の方は、うーん、うーん、、、トびすぎててゴメンナサイなのですがー

    「ジャムガリン」により、布団の中でのクスクス笑いは止まらなくなり、
    「母」により、枕に押し付けた目からはじんわりと涙ちょちょぎれ、
    もう、ホムラーとなりにけり。

  • 共感の嵐
    こんなに共感したのは人生で初めて
    まあつまり、ビビりなんですよね、人に対して
    気持ち分かるなあ

  • 歌人の穂村弘さんによるエッセイ。
    以前詩集を読んでちょっと苦手かなと思っていたところエッセイが面白いと勧められて。
    確かに、詩集よりこちらの方が面白い。

    赤ちゃんや家族写真の年賀状を見て“この者たちに幸あれ”ではなく、“運命の嵐よ吹け、吹いて、この者たちをばらばらにせよ”と思う穂村さん…、ね、ネガティブ!

    “ジャムガリン”が好き。
    お話が、というより言葉の響きが好き。
    でも、ジャムとマーガリンがいっしょに出るやつ、あるよね??

    自由が苦手な感覚は非常に共感した。
    “自由が緊張”することって、ある。

    全体的に面白かった。
    ただ、脚色もあるかもながら時々これはフィクション?というお話が混ざる。
    フィクションめいていると感じた途端面白さが半減したものがあり、私は穂村さんのエッセイ、ノンフィクションまたはノンフィクションめいたものでないと楽しめないのかもしれないとしみじみ。
    他のエッセイも読んでみたい。

  • 大方シンパシー。仲間を見つけて安心する気持ち。と言ったら気を悪くなさるだろうか。

  • エッセイと短歌。おもしろい人
    C0095

全179件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら ひろし)
1962年、北海道生まれの歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍中。2008年『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、2017年『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、2018年『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞をそれぞれ受賞。歌集に『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』。その他代表作に、『本当はちがうんだ日記』『絶叫委員会』『世界音痴』『整形前夜』『蚊がいる』『短歌ください』『野良猫を尊敬した日』など著書多数。

世界音痴のその他の作品

穂村弘の作品

世界音痴を本棚に登録しているひと

ツイートする