感染―infection

著者 :
  • 小学館
3.24
  • (3)
  • (10)
  • (18)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093873888

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウイルス研究者・葉月の身近で起きた幼児誘拐殺人事件。しかし、そのむごたらしい出来事は、さらに大きな事件への序章に過ぎなかったのである。医学者は人を救うために何をすべきか――魂心の医学サスペンス!!
      妻子を捨ててまで自分を選んでくれたはずなのに――。東都大学感染症研究所でウイルスの研究に取り組む仲沢葉月は、外科医として華々しい経歴を持つ夫・啓介とのすれ違い続きの結婚生活に陰鬱な日々を送っていた。そんなある日の深夜、啓介の携帯電話に、女からの呼び出しらしい連絡が入る。慌てて出かけていく啓介の背中を見送りながら絶望感に包まれた葉月のもとに、また一本の電話が入る。「あの人の子供が誘拐された」彼の前妻からだった。事件は、幼子が殺されるという最悪の結末となった。が、しかし、それはさらに大きな事件への序章に過ぎなかったのである。
     第一回小学館文庫小説賞受賞作、気鋭の医学ジャーナリストが描く、新たなサスペンスの登場!!

  • 4093873887 249p 2002・8・1 初版1刷

  • 豚の心臓。
    葉月は感染してないのかが、最後まで分からないまま。

  • 心臓移植を受けた子供が次々と殺される。異種移植への疑惑が取り沙汰される中、真実を追求していく医療サスペンス。医療の在り方、命への取り組み方の是非が問われます。

  • おもしろい!一気に読めた。ミステリーとしては、シンプルで、わかりやすい。

  • 安濃図書館。

  • 医者+作家って結構多い気がします。

    心底羨ましい。

    なかなか面白い作品でした。

  • 大まかに言えば、ただの幼児誘拐事件からその裏に移植問題を絡めてタイトルへとつながっていく話です。詳しく書いちゃ面白くないのでやめておきます。
    欲を言えば最後はあまりにあっさり終わってしまったので、あともう一息読みたい感じがしました。…が、医療ミステリーとしては十分面白いです。

  • 3日くらいかけるつもりが止まらず一気読み。
    感情描写どうとかって書評ついてるけど
    医学用語満載な中じゃこのくらいあっさりのが読み易いと。

  • 残念賞。
    図書館に本借りに行けず、適当に本屋で選んだ一冊でしたが内容が薄っぺらい。

    中途半端な知識で書いちゃった感があって、読んでても専門用語で意味わからないくらい圧倒されたいMなあたしには物足りないです。

    ついでに言うと、主人公の性格が嫌いです。

全20件中 1 - 10件を表示

仙川環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久坂部 羊
東野 圭吾
有川 浩
東野 圭吾
三浦 しをん
久坂部 羊
東野 圭吾
有川 浩
村上 春樹
東野 圭吾
東野 圭吾
有川 浩
東野 圭吾
有川 浩
東野 圭吾
有川 浩
高野 和明
東野 圭吾
東野 圭吾
海堂 尊
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする