レモンさんのPTA爆談

著者 :
  • 小学館
3.65
  • (3)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093875707

作品紹介・あらすじ

ラジオDJがPTA会長に!? 「子どもたちに近いPTAにしたい」という理由でレモンの被り物をしたPTA会長=「レモンさん」。運動会で子どもたちにDJのノウハウを伝授しお弁当や万国旗を復活させるエピソードや、一艘の船に乗り込んだ仲間として支え合おうとPTAの会合で話して大人の力を引き出していく話など、4年間の実 話が満載! Mr.Childrenの桜井和寿、ウルフルズのトータス松本、CHARA、伊藤かずえとの子育て対談もあり。実用ページ「ラジオDJが教える! PTA挨拶の極意」「ペーパークラフト レモンさん」も! 全国のPTA役員や子どもにかかわる大人たちから反響の声が続々!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 語り口調で書いてあり、「いぇーい!」「ふざけるな!」とか、そんなんがたくさん出てきます。でも、なるほどなぁ、と思う事があることは確かです。子供にとって、最後の砦は親。その砦の中が子供を裏切らないように、本当の意味で心の砦になれるようたなりたい。

  • 自分を打ち破るために、レモンかぶろうかとおもった・・・・マヂに(一瞬だけ)。

  • ポジティヴになりますわ~!!
    正直、自分にはここまでするエネルギーはないと思うけれど、落ち込んだ時に読むとモチベーションがあがる。

    ミュージシャンとの対談もなかなかおもしろかった。
    中田ヤスタカプロデュースのラジオ(?)体操うらやましすぎる!

  • 子どもの小学校で講演会があり、講演を聞きました。

    当日もこのような出で立ちで、正直、はじめは引きました。暑苦しい!と思いました。

    でも、お話はさすがDJなのか、とても面白いですし、その根柢にある彼の物の考え方や信条はとても素晴らしかったです。それで、本も読みました。

    講演会でお話されていたこと+実体験。どのように、固い壁を突き破ってきたのか。など。固定観念に縛られず、本当に自分がいいと思ったことは勇気を持って挑んでいる姿がほんとうに素晴らしいです。

    現在の日本の社会にも斬りこんでいける内容だと思います。子どものいない人にもおすすめの一冊です。

  • 374
    バリバラの司会者
    娘の通う小学校のPTA会長になって五年、すべては子どものために

  • 語り口のラフさに騙されて、大事なところを読み落としそうなのが恐い・・・。

  • 教育関係者必読!既成概念を打ち砕き、楽しく実現できる秘策がたくさん。

  • オモロかった!あついねえお父さん。

全8件中 1 - 8件を表示

山本シュウの作品

レモンさんのPTA爆談を本棚に登録しているひと

ツイートする