小説 あらしのよるに

  • 小学館 (2005年12月発売)
3.82
  • (88)
  • (82)
  • (119)
  • (7)
  • (3)
  • 本棚登録 :464
  • レビュー :102
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093876193

小説 あらしのよるにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて見たのが中学生のときで、
    あれからDVDで5、6回見ているけど毎回泣いてしまう。

    本で読んでみると、映画とは違う最後でびっくりした。

    今まで本で、こんなに泣いたことはない。私の本当にすきなおはなし*

  • ああ。何と言うか、二人がそれで幸せだったんなら別にいいんだけど、そっか、そうなっちゃったんだー、という感じ。私の中では、翌日の約束をして山の反対側に降りる時点でピークだった。あーやっぱり最初に読んだ絵本だけでよかったかも。

  • 理想の恋愛。

  • 悲しいお話だよね……

  • 泣けます(/ _ ; ) 生きている世界や、人種に当てはめて読むと、単なるヤギとオオカミでなくなる…切ない(/ _ ; )

  • 絵本や映画ではわからなかったヤギとオオカミの心理。
    友情なのにまるで恋愛、とても意味の深い物語です。

    微笑ましかったりもしますが、感動で涙がホロリとも出てしまう。

    ―嵐の夜に…

    こんな友情、こんな恋愛は理想ですね。是非是非読んでいただきたいベストブックです。

  • 請求記号 : 913.6||K
    資料ID : 10508567
    配架場所 : 工大一般図書

  • 絵本とはまた違う色を持つ「あらしのよるに」。
    2匹の間に流れる感情は恋愛感情なのでしょうか?
    淡く切なくなるような描写が続きます。

    ラストは決してハッピーといえる終わり方ではありません。
    だけどこれが、最良の終わり方であると思います。

    素敵なお話なのだけれど、
    中盤まで読み進んだ後、少しダラけてしまう展開が残念。。

  • 狼とヤギ、決して相容れない2匹の愛と友情の物語。
    映画版では男と男という性別で描かれていましたが、小説版では男と女という関係で描かれていて、ロミオとジュリエット・・・いや、天然な彼女を持つ、ちょっと情けない彼氏、といった感じで・・・、とにかく萌えます。

    ラストは号泣。

  • 何となくタイトルに聞き覚えがあって借りてみた本。絵本が元にあるらしい。ちょっと本屋で絵本さがしてみよう。まだうちの坊主には早そうだけど。

全102件中 1 - 10件を表示

小説 あらしのよるにのその他の作品

小説 あらしのよるに Kindle版 小説 あらしのよるに きむらゆういち

きむらゆういちの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
ZOO
乙一
綿矢 りさ
白石 昌則
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

小説 あらしのよるにに関連する談話室の質問

小説 あらしのよるにを本棚に登録しているひと

ツイートする