夫婦純愛

著者 :
  • 小学館
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093877473

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうして普通の夫婦の間にも真の愛情が成り立つということを、誰の書かないのかと思っていた。
    と、プロローグにあるのですが、私も思っていました。
    そして、こういう本が読みたかったのです。

    金美齢さんと周英明さんが普通の夫婦かどうかはさておき(だって両者とも著名人)、男女が出会って夫婦となり、一生を添い遂げるというのは、とても素敵なことだと思います。
    自分もそうありたいと思います。

    とても良い内容でした。

  • どうして普通の夫婦にも真の愛情が成り立つ
    ということを誰も書かないのかと思っていた

    誰も書かないのなら私が書くしかない


    プロローグに書かれていた言葉です


    そういえば、夫婦の恋愛って
    あまり聞かないですね・・・

    夫の発病から別れ、そして出会い・・・

    金さんの著書 「鬼かあちゃん」を読んでいるので
    いっそう親近感を持って読みました

    夫婦が愛し合う、って当たり前のようでいて
    なかなか当たり前にはいかないけど

    お互いを尊重しあい、お互いを変えずに
    夫婦生活を送るためには

    世間の目に流されることなく
    夫婦それぞれが
    自分の主義主張をしっかり持っているからこそ
    できることなのかもしれません

    生活や体裁のためでなく
    愛し合っているからこそ家族なんだなぁ

    文中によく出てくる「リベラル」という意味がわからず
    調べてみたら 「自由主義的」とあった

    よく聞く言葉だけど
    意味の知らない言葉って、結構ありますね

全2件中 1 - 2件を表示

金美齢の作品

ツイートする