どーすんの?私

著者 : 細川貂々
  • 小学館 (2008年1月23日発売)
3.41
  • (19)
  • (34)
  • (62)
  • (11)
  • (4)
  • 本棚登録 :247
  • レビュー :50
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093877626

どーすんの?私の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 好きな事があって、

    好きな場所があって、

    そこで、
    それを、
    していられるのなら
    一生幸せなんだけど…

    と、
    いう思いを封印せざるを得ないから
    日々苦しくなるのかも?と、感じた。

    (でも、稼がなきゃ生きていけないし)

    生きていくために
    大好き、を封印していたテンさんの
    ラスト。
    ついに解かれた封印が爽快だった。

    (その後のご活躍は存じ上げておりますので♪)

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    人間関係も手先も生き方も不器用で「やりたいこと」がみつからない。仕事編。

    この不器用さとってもよくわかる。
    やりたいことがみつからない。
    やりたいことがあったって仕事につながるの?の不安。。。。
    身につまされすぎず?おもしろかったです。

  • てんてんさんはちょっとマイペース(笑)そこがいいようなだめなような。。でもついつい読んでしまう。グループが苦手なところも人間関係に苦労してるところも自分とかぶってるところが多くて共感できる。また読みたい。

  • 高校卒業して、ニートとなった著者による「やりたいこと」探しの自伝コミックエッセイ。とりあえず仕事に就き、イヤになったら別の仕事へ、の繰り返し。そんな青い若者の葛藤がほんわかしたイラストとマッチしている。

    のんきにこの本を読んで笑っていたけど、私は「やりたいこと」を探したこともなかった・・・。少なくとも、今の家族を養いながらのリーマン生活は決して「やりたいこと」ではない。

    著者は試行錯誤して、絵描きというやりたいことを見つけ、生計を立てている。私にすれば、それはものすごいことだ。

  • わかる。ただこういうのってもっと早い時期に済ませとかなきゃな。とは思う。まあ会社の中のドロドロは学生時代には経験できませんが。実家でだらだらできるゆとりがあってうらやましい。いや、そうでもない

  • 共感できた。
    私も将来何がやりたいのかわかってなかったし、って、未だにやりたいことやってるとは、言い切れないけど。
    主人公は、一歩踏み出せて凄い。

  • どのタイミングで読むのが一番ベストか悩む本。
    さらっと読める。

  • いやー、すごいな。
    高校で進路指導とかないのか。
    若くて、道に迷っているひとにはいいかもしれない。
    私みたいな、ほっとくとだらけてしまうタイプ(そしてもういい年である)には毒かな。

  • 高校を卒業した著者が自分の生きる道を模索する日々を描くイラストエッセイ。共感できる部分がいっぱいあって面白かった。

  • まわり道は良い道かも

全50件中 1 - 10件を表示

どーすんの?私のその他の作品

細川貂々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
細川 貂々
たかぎ なおこ
益田 ミリ
ほし よりこ
たかぎ なおこ
たかぎ なおこ
たかぎ なおこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする