花の巡礼

著者 :
  • 小学館
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093877695

作品紹介・あらすじ

「花」と書いて、変化のものと解く。その心は…。花の魔性に魅せられた詩人たちの言葉とみずからの記憶を織りまぜて綴る、詩人・高橋順子によるモノクロームの花随筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説、詩、短歌、俳句など、文学の中にひっそりと咲く様々な花の種類を示してくれ、匂いでむせ返りそうになるほどうっとりする作品を沢山収めた詩人の随筆。なので一つの花に対する「目」が多く、一つにとどまらない花へのイメージがそれぞれ意外性を含み、とても面白いものとなっていた。それと読みながら思い浮かべたのは、土台が同じでも一つの奥深い「目」で書かれた澁澤龍彦「フローラ逍遥」。双方共に美しく、そして気高い。

  • 花にまつわる詩歌についてのエッセイ集。知らなかった作品や、この人がこういう歌も詠んでいたのか…というものがあり、興味の範囲が広がりました。『あじさい』が秀逸だったので、作品を探してみたいと思います。(2008.08.30読了)

  • かつて女も男(漢?)も小さな花や儚い花に心を寄せ、歌ってきました。本書で紹介されているのは昭和以前の男性詩人が多いです。
    平成の今、花に心を寄り添わせて歌う人の数は減っていないか、ちょっと心配です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年千葉県海上郡飯岡町(現・旭市)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。詩人、「歴程」同人。夫は作家の車谷長吉。1987年『花まいらせず』で現代詩女流賞、1990年『幸福な葉っぱ』で現代詩花椿賞、1997年『時の雨』で読売文学賞、2000年『貧乏な椅子』で丸山豊賞。著書に『水のなまえ』(白水社)など。

「2018年 『星のなまえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋順子の作品

ツイートする