使ってみたいイキでイナセな江戸ことば

著者 :
  • 小学館
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書かれているのが噺家さんなので、言葉の本というよりも落語の本という感じ。目的には合わなかったが楽しめた。

  • なじ■
    てんやんでぃ、あたぼーよこのすっとこどっこいのこんこんちき!
    のようにお馴染みのものから、
    今まで見たことも聴いた事もなかったもの、
    おじゃんとか水を打ったとか
    へーこんな言葉も江戸時代からのだったんだ!
    というものまで約200語。

    現役の噺家さんが解説してくださってるので
    使い方やエピソードなども実に理解しやすかったです。

    あと挿絵が凄く可愛い!!
    この頭身の絵で人物の描き分けを完璧にやっていて
    すげーーーー!!と思いました。

  • 【新着図書ピックアップ!】『落語にみる江戸下町の笑いと絆(つながり)』ミドルベリー大学主催・アジア文化研究所後援2013年6月5日(水)の講演者、柳亭左龍(落語家)氏の著書です。
    98ページの「あじゃらかもくれんきゅうらいす」は落語「死神」から。この演目、生まれはイタリアか。「落語『死神』の世界」(913.7/N84r)なる研究書あり。サゲのバリエーションの多さでも有名な一席です。集め出すとハマリますのでご注意。

  • 古典落語の中から粋な言葉をピックアップ。著者は落語家さんで、江戸ことばの解説文には芸人さんの日常のエピソードがたくさん。寄席好きな方は楽しめるかと。

  • さしずめ、自分は「ぞんき者」なんだと思う。

  • 「馬鹿が固まる」を使ってみたい

全6件中 1 - 6件を表示

柳亭左龍の作品

ツイートする