小悪魔流。

著者 :
  • 小学館
3.42
  • (9)
  • (4)
  • (18)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 102
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読

    蝶々さん、お変わりなく(笑)
    と言ってもこれは04'-08'の日記。

    美人だと思うし、強気でエラソーな人も好き、
    もってまわった立ち位置誇示よりもスコーンと自慢する方がいい
    書いてある事も素直に頷けるところも多いし、
    人の事を「上から目線」と断罪する人はなんの事はない自分が
    上にいたいから見下ろされてると感じると我慢ならないのだ、
    と、
    思っているんだけど、
    蝶々さんに関してはさすがに
    なんでそんなに「わかってる人ポジション」なん?w
    (でもスピ系の人って多いな…)

    男に女として肯定されているという事で
    「デキる男達」を可愛いのよぉ☆というあたりに勝手にビッチの悲哀を感じてしまう…のは僭越ですね、サーセン!!w

  • 蝶々さん!
    お美しい。
    なにやら神々しくさえ思えてきます。

    最近神々しすぎて
    なにやら宗教ちっくな気配さえしますが、
    この本では、好き勝手やりながらも美しい、
    というその稀有な存在と、日常を披露していただくことで
    なぜか見ているこっちが、元気になってくる
    という美しいひと特有の素晴らしいパワーを与えてくださってますよ。

  • 元銀ホスのモテ自慢の本と思いきや、言いたい事は意外と硬派でマトモ(失礼)。テンション高くて濃くて疲れますが。若くて自分が定まらない世代でどちらかといえばモテて困っちゃうくらいの女の子に読んで欲しいんだろうけど、税抜き1350円でこの大きさの本はそのターゲット層は絶対読まないよー。続けて読むと胸焼けしそうなくらい濃いんだからN.Y編とかスピリチュアル編とか名前をつけて3分割してワンコインでお釣りが来るようにして文庫本で出せばいいのにー。もったいないなあ。

  • http://sgk.me/gzxOGP女性が憧れる女性ってかっこいですよね。蝶々さんは、間違いなくそのうちの一人だと思います。5年間の恋や旅の赤裸々ブログから、ファッション、美容、交友関係、恋愛&男ゴコロのつかみ方まで、小悪魔な私生活が載っています。

  • 無理しない
    不自然なことはしない

    自分のなかの女の種と体の土壌を絶対に枯らさない

    悩むのはMAX一晩

  • う~ん、理解に苦しむ。

  • 蝶々さんの本、大好き!握手会にも行ったことあります☆笑
    現代女子が元気になれる言葉がいっぱいです^^v

  • 蝶々さんの本。こんな女が近くにいたらやばい。蝶々さんの写真がたくさん掲載されているのだが、なんともひとつひとつが別人。こんな変化する女性もいないよなぁ。女はコワイ。コワイから魅力でもある。

  • 2008.10.23読了。

全12件中 1 - 10件を表示

小悪魔流。のその他の作品

蝶々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
安野 モヨコ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする