正しく“歩いて”東京マラソン完走―競歩の選手が書いた初めてのマラソンの本

著者 :
  • 小学館
3.78
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2007年に始まった東京マラソン、制限時間は7時間だそうです。マラソン、6hで走る、5h突破、4h突破、3h突破(サブスリー)・・・、タイムがあがると益々、走りに意欲が増してくることでしょう! 著者は、日常の歩きを見直して、時速6kmで歩き続ければ、7hで完走できると。そのための効率的で無駄のない走り、動き始めから着地までを説明されています。ちょっとわかりずらい感じがします。そして、時速6kmで歩く、時速4~4.4kmぐらいの私にはハードルは高そうです。

  • 正しい歩き方がわかった気がする。
    もっと速く歩けるようになるかもしれない。

    図書館の記念日の棚にあった。
    10月4日は徒歩の日なんだ。

  • 【No.146】「ハウツー本ばかりに頼ることなく、原理原則を学んだらいろいろと考え、工夫して、自分なりのやり方を試してみることも大切。とくに、自分の練習環境を整備することは、普段やっている仕事や遊びや家事などの組み立て方と同じ」

  • 第3章での、効率的な歩きの部分がすごく役に立ちそう。
    他の章もトレーニングの仕方とか、頑張らないというこころがけとか、全体としてよくできた本。
    マラソンに挑戦したい初心者の人は手元に置いておくといいかも。

全4件中 1 - 4件を表示

園原健弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
たかぎ なおこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする