アイム・ファイン!

著者 : 浅田次郎
  • 小学館 (2010年1月28日発売)
3.55
  • (13)
  • (16)
  • (27)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :154
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093878906

作品紹介

チュニジアで熱波に遭い、ラスベガスに遊び、西安を逍遥す…珠玉の40編。

アイム・ファイン!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浅田次郎のエッセイ。
    頼まれたら断れず、嘘はつけども約束は破らぬ。そんな大御所小説家・浅田次郎。

    中国の観光ガイドをつとめてみたり、時代劇でちょんまげを付けて若返ったりな、愉快な日々。

    この作家の作品では『きんぴか』が好き。

  • さすが浅田次郎さん。軽い語としっかりとした観察眼。愛すべき人柄です。

  • 浅田次郎さんのエッセイで最後まで読み切らず終わる。浅田さんの小説好きな小生としては、エッセイいまいち。

  • 別府温泉を世界遺産にという氏の提案には賛成です。温泉こそ日本が誇る文化・観光の象徴みたいなもので、フェリーのデッキから眺める別府の街の壮大さはこの上ないものです。

  • 【アイム・ファイン】 浅田次郎さん

    小説だと思って借りてきたら、エッセイでした。

    小説家という職業ゆえの肩こりや腰痛に悩んだ話。
    恐山が、実は訪れてみると、名前やイメージとは異なり
    意外に風光明媚であった話。
    自身がガイドを務めた中国ツアーの話。
    などなど、軽快で読みやすいエッセイでした。

    遠藤周作さん、中島らもさん、浅田次郎さん
    この人たちのエッセイはおすすめです。。。

  • 浅田次郎氏のJAL機内誌エッセイ。

    読みやすくて楽しい♪

  • 電車で座ると爆睡・・・が続いていたので、まったりと読めてよかった。
    「お先にどうぞ」の北京のバスで押し合いへし合いの下り、納得。
    並ばなかろうが、降りる人を押しのけようが、笑顔だっていうんだもん。
    並ばないと揉める国民はきちんと列を作り、何となくうまくいっちゃう
    国民は列を作らないって聞いたことがある。
    イタリア人も作らないよ。横入りしまくり。言ったもん勝ち。
    そしてそれにイライラするのが、まさに日本人的性格の私・・・。

    いろんな国の香りの話もおもしろかった。イタリアは甘い香りとコーヒー。
    韓国は、本当にキムチだった。日本は魚か・・・。
    住んでるとわからないよね、きっと。

  • らじは浅田次郎さんの小説が素直に好きなんだけど、実はエッセイストとしての浅田さんのがもっと好きかもしれない。
    この本は浅田さんがJALの機内誌「SKYWARD」に連載しているエッセイをまとめたものなんだけど、どれも読みやすくて楽しいよ。
    最近ANAの利用率が高くて、なかなか空の上で読む機会がないのが残念です。
    このエッセイを読むためにJALに乗ってもいいな(笑)

  • 以前、出張でJALをよく使っていた。経営がおかしくなる前の整備不良がニュースになっている頃。職場の女子社員から「大丈夫ですか」なんて聞かれた。でも、ANAにしなかったのは、短い飛行時間の間に機内誌スカイワードで浅田先生のエッセイを読む楽しみのため。

    ラスベガスを訪ねる度、待遇が良くなっている。部屋代はタダになりホテル内の飲食もタダ。これはヤバいと感じるのだから、製紙会社の元会長と違ってまともな人なのでしょう。
    中原の虹を書かれている頃、またNHKで蒼穹の昴のロケの頃。必然的に中国旅行の話が多い。
    エッセイでも浅田節というかスタイルがしっかり出来上がっている。ニコニコ笑いながら読み通した。
    機内誌は川上和生さんの絵がいつもついていた。表紙には載っているけれど、各話にも載せて欲しかったな。モノクロでも良いから。

  • 同じ企画(JALの機内誌連載の単行本化)である前作「つばさよつばさ」と比べると格下であることは否めない。理由としては単純で、JAL!なのに、旅についての記述が少ないから! 思わず声に出して笑いたくなるエピソードなどもちりばめられているけれども。

全31件中 1 - 10件を表示

アイム・ファイン!のその他の作品

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アイム・ファイン!はこんな本です

アイム・ファイン!を本棚に登録しているひと

ツイートする