考えない練習

著者 :
  • 小学館
3.67
  • (193)
  • (364)
  • (306)
  • (76)
  • (17)
本棚登録 : 2935
レビュー : 421
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881067

作品紹介・あらすじ

頭で考えずに、もっと五感を使おう。するとイライラや不安が消えていく―
東大卒現役僧侶による休脳のすすめ
文庫版、電子書籍版も発売中。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書で言う「考えない」とは、無意識下で勝手にいろいろ考えてしまっている雑念を失くしましょう、ということのようです。
    考えすぎることは、思考を鈍らせてしまうこと。
    本当に思考するときに、よりクリアに考えることができるよう、日々の「考える」を仏道的に見直してみましょう、という提案です。

    仏道で三毒とされているものが、欲・怒・迷です。
    人間は強い刺激や苦しみでさえも、「快楽」に変換してしまうのだそう。
    しかし、五感を研ぎ澄まし、普段の生活を「見えている」から「見る」に、「聴こえている」から「聴く」に変えることで、普段の日常の味わいが増し、刺激的なものがなくても毎日を楽しめるようになるのだとか。
    五感を使うこと、それに自分の心を客観的に見ることを意識して、自分で自分の心をコントロールできる術を取り入れたいと思います。

    印象的だったのは、笑うことについて書かれたコラム。
    大きな声で笑うというのは刺激の強いこと。
    お笑い番組は三毒を含む笑いで成り立っているため、ぼんやり眺めているだけで欲・怒・迷が刷り込まれてしまうのだとか…どきっ。
    時々自分のことを一歩引いて観察し、穏やかな表情を浮かべていられるような練習もしておこう…

  • 読んでいる間、ずっと苦しかった。
    なんだか私とあまり合わないような気がする。

    書いていることは分かるし、理解も出来るけど
    この表現の仕方なら誤解を生じてしまったり
    正しく伝わらないのではないかな…と思いました。

    読んでいると自分はやっぱりダメなんだなーと凹まされる。
    なんともいえないモヤモヤした気分になった。

    うまく言えないけど私は自我にまみれた凡人でいいや~と思った。

  • むしろ、考え抜こうと決意するきっかけとなった本

  • 「渡鬼」がどうしても苦手な理由がこの本を読んでわかった。
    登場人物が声高に「自分がもっとも正しい」という思い込みが、声に出ているからだ。それが不快に感じるからだ。

  • 意識は人間を人間たらしめている尊いものである。
    そんな当たり前の認識が、本書によって脆くも崩れ去ってしまった。
    筆者が言う通り、自分が普段何を考えているかを意識してみると、9割方考えなくてもいい事を(それどころか、考える事によって毒にすらなる事を)考えている事に気付く。
    余計なことを考えそうなとき、または考えているなと思ったとき、本書で勧められている通り、五感に意識を集中し、「考えること」を忘れる。
    それだけで、いつもは「休憩」ばかりしていたのに、嘘のように仕事に没頭できた。
    自分は意思が弱い人間だと勝手に思っていたが、それも所詮は脳が作り出した幻影に過ぎないのかもしれない。
    いつまで続くかは怪しいが、記憶が薄れるたびに再読したい本だ。

  • http://sgk.me/g7ey1q「頭で考えすぎずに、もっと五感を使おう。」
    著者の小池さんによると、悩みや不安から解放された毎日を送るためには“五感を研ぎ澄ますこと”がコツだそうです。
    ブッダの言葉をわかりやすく現代語訳し、ちょっとした心がけが「考えない練習」になるのだと教えてくれます。
    脳研究者・池谷裕二さんとの「脳と心の不思議な関係」と題した対談も収録。

  •  仏教については、歴史の教科書に出てきたり人を弔ったりするもの、程度の認識しかなかったが、仏陀の頃からの教えが今の時代にも実用的な心の処方箋となることに驚いた。  人間の基本的煩悩「怒り」「欲」「迷い」により、人は苦しむが、これは全て思考のなせる業だという。正しくない思考をやめ五感を研ぎ澄ますことで、今その瞬間瞬間を大切に生きるのが大事だ、ということがよく分かった。
     時折読み返し、正しくありたい。

  • 感情・感覚に対して能動的になることで、思考を自由にしよう。
    東大卒・現役の住職さんが、刺激の多い現代社会に生きる私達に送る、ちょっぴり楽に生きるためのヒント。

    一番インパクトがあったのは、「アガった時は御釈迦様みたいに半目で視界シャットダウン」かなあ(笑)。お坊さんにならではのアドバイスよね〜(笑)。


    話す…自身の声に耳を傾け、音の刺激に集中してみよう。その時、もっとゆっくり話そうとか余計なことはかんがえず、ただ自分の声音に集中!

    聞く…世界の音に耳を澄ましてみよう。雑音の中に、意味を見出せる音が拾えるかも。

    見る…観察の結果を自分に還元させないこと。自分のせいで相手がつまらなそう…←こう見えるのは、自分の評価を気にする煩悩があるから!認められたいという気持ちをこの人は私の話を聞いていないという怒りや失望感にフィードバックさせないこと。

    あがり症になるのは、失敗してマイナスの評価をされたらどうしよう…という慢の煩悩ゆえの思考が先走っているから。自分で勝手に考えすぎている!
    相手をよく観察して距離感をつかめれば余裕を持てる!御釈迦様の半眼を真似してみよう!視界を遮断することで集中力を研ぎ澄ます!

  • なかなかの良書。

    お坊さんが書いた、考え過ぎてしまう癖を治すための本です。

    仏教用語が感覚に合わず、理解しにくい傾向はありますが、内容的にはとても分かりやすく、実践出来そうな感じがします。

    特に響いたのは、
    ムカつく!と思うのではなく、「ムカッと思っている自分がいる」と自分の状態を見つめる(客観視)するという方法。

    これを試してみると、他人事のような感じで、心が穏やかなままでいられます。

    他にも、平穏な心持ちで居られるための数々の考え方や方法が書いてあり、凄くためになりました。

    スグに忘れてしまいそうですが、何度も読み、実践を繰り返せば、少しづつでも変われる感じがします。

    優しい教え方で、読みやすいから、すんなり入ってきて、下手な自己啓発書より余程いいです。

    スグにイライラしたり、集中出来なかったりする人にオススメ。

    タイトルにピンと来た方は是非!

  • 一つの事実から脳が勝手に色々な解釈をつけて、感情を持っていく、ということに納得。
    いやなことがあっても、そう判断したのは自分の感情だから、冷静に事実だけを見る練習は私に本当に大切だと思った。
    瞑想にやっぱり興味持った

全421件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。山口県出身。月読寺住職、浄土真宗系単立寺院沙光山正現寺住職。
東京大学教養学部卒業後、浄土真宗本願寺派教師課程で教師資格を取得。僧侶派遣アルバイトなどを経て父の寺の住職に。
2003年、ウェブサイト「家出空間」を開設、お寺とカフェの機能を兼ね備えた『iede cafe』を立ち上げる。
代表作に『考えない練習』『超訳 ブッダの言葉』『しない生活』など。

考えない練習のその他の作品

考えない練習 練習シリーズ Kindle版 考えない練習 練習シリーズ 小池龍之介

小池龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小池 龍之介
村上 春樹
デール カーネギ...
村上 春樹
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

考えない練習に関連するまとめ

考えない練習を本棚に登録しているひと

ツイートする