黄色い虫 ─船山馨と妻・ 春子の生涯─

  • 小学館
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881234

作品紹介・あらすじ

昭和23年、急逝した太宰治のピンチヒッターに立った船山馨は、準備期間のない新聞連載の執筆に心身とも消耗し、ヒロポンに溺れていった。やがて妻・春子も追うように中毒になり、なりふりかまわず借金を重ね薬物を買い漁った。同じ幻覚を見ながら、奇行を繰り返すふたり。懇意にしていた林芙美子の死をきっかけにヒロポンを断つが、馨の作家としての評価は地に堕ちた。しかし、春子は夫の復活を信じて、家族を守るために奔走する-薬物中毒、借金地獄、激動の時代を破天荒に生きた作家とその妻の壮絶な人生を描いたノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 急逝した太宰治のピンチヒッターに立った船山馨。ものを生み出すことのプレッシャーってすごいんだなと思いました。それを支える妻・春子のひたむきさにも感激します。作家の苦悩が分かる作品です。
    http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093881234

全1件中 1 - 1件を表示

由井りょう子の作品

黄色い虫 ─船山馨と妻・ 春子の生涯─を本棚に登録しているひと

ツイートする
×