絶望の隣は希望です!

  • 小学館
4.04
  • (18)
  • (15)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093881975

作品紹介・あらすじ

大震災で傷つき、大切なものを失ったすべての日本人へ贈る92歳、アンパンマンの父、魂のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふと図書館で手に取り、借りました。
    震災後の昨年、92歳の著作…すごい。
    自伝的な内容で、とても読みやすく、説教くさくなく、元気づけられる内容です。悩みを抱えてる人や、私の親世代が読むと、もっと伝わるのかなと思いました。後半は涙なしでは読めません。

  • 図書館で借りた。すごいな60で成功って

  • アンパンマンの産みの親であるやなせたかしさんが自身の半生を語っています。
    幼少期に体験した両親との別れ、戦時中の話、妻の闘病生活、アンパンマンがヒットするまでの作家生活など、様々な経験をしたやなせさんが自身の経験を通して生きることについて、読者にアドバイスをしています。

  • 90年以上の人生で家族の死や戦争、病気、また様々な仕事を経験されてきたやなせさんの言葉は説得力が違いました。本屋に並ぶ人生のHOWTO本を読むよりもきっと、この本を読んだ方が何かを得られると思うし、未来に光を見出だせると思います。
    悲しいことをたくさん経験されているのに、文面からはほとんど悲愴感を感じないんです。過去を振り返って書かれている時でもやなせさんは、常に一寸先の光を目指して歩き続けていたからだと思います。
    私はやなせさんのようにこれからも長く生きていくつもりですが、挫けそうなときはこの本を思い出したい。きっと楽しく老いていけそうです。

  • やなせたかしさん自身の経験も交えて語られる話は、非常に説得力に満ちていて勇気をもらいました。

  • 1950 三越の包装デザイン 猪熊弦一郎画伯 mitsukoshiの文字のレタリングはやなせさん

    手のひらを太陽に の作詞

    アンパンマンの絵本がでるようになったのは60歳

  • 「自分の命をできるだけ有意義に使って暮らすこと」

    「困難にたじろぐとき、何もかもうまくいかないとき、どう振る舞うか、そこが問題」

    ご自身のつらかったご経験を、さらりと語られるところ、すごいなぁと思います。
    やなせさんのように、謙虚に、人にやさしく、自分には客観性を忘れずに、日々を重ねていきたいと思いました。

  • 元気が出て、読んだ後、すごく嬉しい気持ちになった。人を喜ばすために生きている、素敵です。

  • すごくよかった。死ぬまで夢を持ち続ける。死ぬまでオシャレでいる。かっこいい。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

やなせたかし
1919年生まれ、高知県出身。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める。絵本の作品に『やさしいライオン』『チリンのすず』『あんぱんまん』(フレーベル館)など多数。2013年永眠。

「2019年 『アンパンマンと もぐりん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やなせたかしの作品

絶望の隣は希望です!を本棚に登録しているひと

ツイートする