猫と道草、アートの旅―イノモト流ニッポン美術館紀行

著者 :
  • 小学館
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093882477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全国の様々な美術館を、なぜか猫が案内してくれます。
    それぞれの美術館にある作品を色鉛筆で模写イラストで紹介、そこにもこの本の魅力があります。ちょっとした仕掛けもあり。
    巻末に、各美術館周辺にある著者オススメの食事スポットが、一覧で紹介されているのもよいです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なぜか猫が案内してくれます」
      それがイイんです!
      「なぜか猫が案内してくれます」
      それがイイんです!
      2012/08/20
  • ウンチビちゃんが可愛い
    猪本さん、まね絵が上手で、
    もっと見てみたい。

  • 「あてによし」の猪本典子の新刊。無条件で買い(猫好き、美術館好きだけだからじゃないです)

    小学館のPR
    「衝撃!色鉛筆で描いた名画×愛猫の激まね画
    「行ってみればわかる美術館のヒミツ」。そんなミッションを心に秘め、南は那覇から北は札幌まで、美術館を撮り歩いて3年半。著者の猪本典子さんは、美術館のあちらこちらにちりばめられたヒミツを独自のセンサーで見つけていく。やがて、展示されている名画を観ながらある楽しみを思いつく。
    「描いてみればわかる名画のキモチ」。ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』から伊藤若沖『象と鯨図屏風』まで、水彩色鉛筆など350本を使い分け、和洋東西の名作をまねして描いてみれば、確かにわかる!そんな名画のキモチに突っ込みを入れるのが愛猫ウンチビ(画)だ。衝撃すら走るこのまね画を猫好き、アート好きが見逃す手はないのである。
    単なる美術館紀行に収まりきらないのがイノモト流。鉄道、バス、船と時たま飛行機に乗っての移動は、道草なくしては語れない。立ち食い寿司にそばにしゃぶしゃぶ、蟹、駅弁・・旅はお腹がへるんですね、とばかりに本当によく食べる。そんなイノモト流B級グルメのリストも巻末に。
    猫好き、アート好き、そして旅好きのハートをわしづかみ!な超ビジュアル紀行本の誕生である。」

全3件中 1 - 3件を表示

猪本典子の作品

ツイートする