卵子探しています: 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

著者 :
  • 小学館
3.89
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093884167

作品紹介・あらすじ

なぜ、彼女たちは日本で産まないのか

先進国では出産の高齢化が進行している。それにともない、日本でも不妊治療の件数が増加、2012年には体外受精で生まれた子供の割合が27人に1人の割合になった。
しかし、日本では技術の進歩に法律が追い付かず、「出生前診断」「代理出産」「第三者卵子提供」「出自を知る権利」――など、生殖医療がはらむ様々な問題点について、ここ数年、議論を重ねているという現状がある。この国には、いまだ法律が存在しないのだ。
スペイン在住の著者は、ある日、バルセロナで『卵子提供のフリーダイヤル』という日本語のポスターを目にする。
「なぜ、誰のために?」
その素朴な疑問からスペインだけでなく、フランス、アメリカ、日本、タイ、スウェーデンと、いつしか、世界6カ国に亘る不妊治療現場の旅に出る。異なる価値観を持った、各国の医師や専門家から技術や制度を教えられる一方、不妊に悩む女性たちの体験に耳を傾けた。
6組に1組が不妊に悩む日本。各国の専門医や患者の証言を経て、子を授かることの意義を探りながら、日本で起きている不妊治療論争を多角的に論じる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界の不妊治療に関する本です。
    とくに卵子提供に重点を置いて書かれています。

    日本では,第三者の卵子提供に違和感を抱く人が多いのに対し,欧米では,それほどでもない国があるそうです。
    「家」の意識の強い日本と,「個」の意識の強い欧米では,こんなところにも差があるのですね。

    不妊治療について,日本の技術は世界トップレベルといってよさそうです。
    が,妊娠率や出産率については,あまり高くありません。
    この本を読むと,その理由について納得できると思います。

    うわべだけを見て,本質を見失うことは多々ありますが,そうなってはいけないことを,この本を読んで強く思いました。

  • 東2法経図・6F開架:495A/Mi83r//K

  • 医学

  • 卵子提供について、海外在住者の視点で書かれた本
    この手の本をもう何冊か読んだ後だったので、もう少し突っ込んだ内容だったらもっと読み応えあったな
    若いうちに産める社会へ
    ほんとにそう思う。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2020年 『外国人ぎらい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジェイコブ ソー...
恩田 陸
稲垣 えみ子
サンキュータツオ
村田 沙耶香
村田 沙耶香
リンダ グラット...
井戸 まさえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×