漂流怪人・きだみのる

著者 :
  • 小学館
3.82
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093884631

作品紹介・あらすじ

青年嵐山が出会った、破天荒学者の痛快評伝

きだみのるはファーブル『昆虫記』の訳者で、戦後『モロッコ紀行』を書いたブライ派の学者である。雑誌「世界」に連載した『気違い部落周游紀行』はベストセラーになり、渋谷実監督、淡島千景主演で映画になり大ヒット。嵐山は『太陽』(平凡社)の編集部員であった28歳のとき、きだみのる(75歳)と謎の少女ミミくん(7歳)と一緒に取材で各地をまわった。きだ怪人のハテンコウな行状に隠された謎とは何か?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「きちがい部落紀行」の著者として、きだみのるさんを知っていたぐらいだった。
    その編集者が嵐山さんだったことは知らなかった。
    改めて、一冊の本が出るまでのあれやこれやを、
    それも尋常ではない波乱万丈の数々があったことを
    昭和の時代の歴史を重ねつつ読ませてもらった

    確かに怪人ですね
    その時代であったからこそ
    生れ出た作家゜きだ・みのる゛であったのかもしれない
    そして、この一冊はその作家が亡くなってからしか書かれない一冊でもありますね
     中身はかなり重たいものであるのに、嵐山さんの飄飄とした文体が時に切なく、時に哀切に響いてくるのは、さすがですね。

    久しぶりに
    きだ・みのるさんの本に手を出してみようと思いました
    そうそう
    「伊那のヤギおじさん」はぜひ原稿にして欲しかった人ですね

  • 自由の代償とは死である。

  • 著者の、きだみのるさんへの愛が感じられた。

    「子育てごっこ」によって、汚されたイメージの名誉挽回をされたような。

    「子育てごっこ」と言えば、加藤剛主演の映画を子供の頃見たが、三好京三という人が、こんな人だったとは知らなかった。スキャンダルも。
    何と言っても、加藤剛だし。

    きだみのるという人についても、名前くらいしか知らなかった。それをこういう形で本にされて、なんともすごい人がいたもんだとたくさんの人に知られ…やはりこれは嵐山さんの愛だな。

  • 嵐山さんが語る、一代の怪人きだみのるさんの物語。嵐山さんが担当編集者だったとは、奇遇です。前半は惑々、楽しいです。でも最後はどうしても忌まわしいあのことに触れなければ...それは私二十二歳の冬でした。翌年の直木賞受賞時の選評、村上元三と柴田錬三郎、石坂洋次郎はさすが、司馬遼太郎と川口松太郎、水上勉、今日出海、松本清張にはがっかり。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九四二(昭和十七)年、静岡県生まれ。平凡社『太陽』編集長を経て独立、執筆活動に専念する。八八年『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。二〇〇〇年『芭蕉の誘惑』で、JTB紀行文学大賞受賞。〇六年『悪党芭蕉』により泉鏡花文学賞、〇七年読売文学賞をダブル受賞。他に、『文人悪食』『「下り坂」繁盛記』『追悼の達人』『文士の舌』『枯れてたまるか』、磯田道史氏との対談『影の日本史に迫る』など著書多数。

「2019年 『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嵐山光三郎の作品

ツイートする