パフェ本

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093886468

作品紹介・あらすじ

おいしく、楽しく進化する最新パフェ案内

「パフェ」ブームが全国で本格的に到来!!

…「パフェって、生クリームとコーンフレークとバニラアイスがもりもりしたアレでしょ?」と思っているあなたは、この本に登場するパフェに衝撃を受けることでしょう。

●日本庭園に見立てたパフェ
●いちごの姿は見えないがいちごを全体で再構築して表現したパフェ
●予約して「イベント」として楽しみに待つパフェ
●「映えない」、だがそれがまた素晴らしいパフェ
…など、全国には作り手たちの思想がつまった、個性豊かなパフェがたくさん。
今やパフェは「グラスに甘い物を詰め込んだデザート」などではないのです!

本書では日本唯一のパフェ評論家・斧屋氏が、有名・無名にこだわらずに現在のパフェ界が横断的にわかるパフェを厳選。

「カウンター形式で食べるパフェ」「夜パフェ」「月替わりのパフェ」等のテーマ別に、「おいしそう&美しい」写真と共に100本以上掲載。ガイドとしても使えます。またパフェの構成に込められた作り手の思想や、「映えについて」論など、切れ味抜群のコラムもたっぷり収録。

「おいしい」以外の楽しみ方があることを知って、
パフェの深みに一緒にはまりましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真が美麗でパフェが食べたくなりました

    写真ともに書いてある一言も、ワクワクします

    食べ方を考える食べ物って多くなく、そう考えるとパフェって特殊であり、パフェが作品ということもよくわかります

    P103 SNS上で話題になっているパフェの外観だけを取りに入れた、思想なきパフェがいけません。そこに意味がなければ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

斧屋(おのや)
パフェ評論家。パフェの楽しさを伝えるべく活動しており、「パフェはエンターテインメント」と語る。2015年3月『東京パフェ学』(文化出版局)を発行し定評を得る。2018年10月、小学館から新刊刊行。
『斧屋のアイドル』や『アイドル領域』などでアイドル論も展開している。

パフェ本のその他の作品

斧屋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
菊池 亜希子
島本 理生
アレックス・ジョ...
エラ・フランシス...
新井 見枝香
矢部 太郎
恩田 陸
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする