幸せな職場の経営学

著者 :
  • 小学館
3.50
  • (2)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 103
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093886901

作品紹介・あらすじ

幸福度高い従業員は生産性が3割アップする

「働き方改革」という言葉があちこちで使われるようになったが、実際に職場で何か改善されているという実感が持てない、という声も聞こえてくる。
アメリカの研究では、「幸福度の高い従業員の創造性は3倍、生産性は31%、売上げは37%高い」というデータもあり、世界で「幸福度」は科学的に分析され、ビジネスに取り入れられている。

それを考えればこれからの時代、トップダウン式の組織は生き残れず、リーダーは調和型で、可能な限り部下に権限譲渡し、働き方は個人の裁量に任せるような仕組みにしなければ業績は上がらない。

日本企業は「社員の幸せ」について、何を取り違え、何に躓いているのか。
また、社員が幸せになるとどう成果や業績に変化が現れるのか。
「幸福学」の日本の第一人者・前野隆司慶大大学院教授が、取材を重ねて得たデータを公開、ヤフー、ユニリーバほか、「幸福学」をベースにした職場の変革で業績アップした実例を現場の声と共に紹介する。
職場の改革レッスンも掲載しているので、今日からすぐ実践できる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『あなたは今、しあわせに働けていますか?』

    仕事における幸福論を考える一冊。

  • ・toppointで読む
    ・同じ著者の他の本とおんなじ

  • 自身の職場はメンバー全員が幸せか?というと、必ずしもそうでないと感じる。一方で、本書冒頭で記載の通り、幸福度が高い社員は、そうでない従業員よりも創造性が3倍高く、生産性も31%上がるという研究結果もある。どんな職場が幸せか、幸せの4要因、やってみよう、ありがとう、なんとかなる、ありのままに、これらを向上させる為に、職場で出来る事、実践している事例が豊富に描かれており、どれも、自身の職場で参考にできる実例ばかりであった。

  • 仕事の中で幸福を目指す、というと少し新しい概念のように感じるが、読み進めていくと、モチベーション、働きやすい環境/関係、傾聴、と馴染みがある内容。幸せを構成する4つの因子、それを達成するために、としていくとそうなっていく。この場合の幸福をwell beingと訳そうというのはよいかも。

  • 「自分自身を愛することも大切です 。つまり自己肯定感 ・自尊感情が高く 、自己受容ができている状態です 。自分を愛せなければ 、他者を愛することはできません 。自分を許し 、認め 、大切にするとともに相手も許し 、認め 、大切に扱う 。自己肯定感や自己受容の低い人は 、自分だけでなく 、他者を肯定することや他者を受容することも苦手で 、 「あいつが憎い 」 「嫌だ 」という感情を持ってしまいがちです。
    まずは自己を受容し 、他者を受容する 。それができたら 、信頼する 。自分を信じ 、周りの人たちを信じる 。それができたら尊敬です 。自分を敬い 、大切にする 。同様に 、周りの人たちも敬い 、大切にする 。それをすべて合わせると 「愛 」になるのです」

  • 幸せを学問として位置付け、4つの因子から説明しつつ、幸せな職場とはどのような職場か説明している。当たり前のことのようにも思うが、整理されて説明されているが良いところ。
    働き方改革と言われながらも、本質的な議論はまるでされていない現状、このような観点から職場の在り方について、真剣に考える必要があるのではないか。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学大学院教授

「2020年 『7日間で「幸せになる」授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前野隆司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

幸せな職場の経営学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×