池上彰の世界の見方 イギリスとEU: 揺れる連合王国

著者 :
  • 小学館
4.04
  • (12)
  • (25)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 234
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093887335

作品紹介・あらすじ

EU離脱がつまずいた理由とは?

日本が政治の手本としたイギリスは、なぜEU離脱で泥沼に陥ったのか。

2016年6月に行われたEU離脱の是非を問う国民投票で、EU離脱が決まったが、地域によっても、年代によっても、投票の結果が大きく異なったのはなぜなのか。

池上彰が、歴史的な背景を踏まえてわかりやすく解説。今まで知らなかった、イギリスの姿が見えてくる!

(以下、内容の一部)

・イギリスはイングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズからなる連合王国。スコットランド人に「Are you an English?」と聞くと嫌な顔をされる。

・サッカーに「イギリス代表」は存在しない。

・8つの銀行がイギリス紙幣を発行している。

・EU離脱賛成者は年配者に多い。
もっと若者が投票していればEUに残留していた。

・国民投票以前、アイルランドとの国境問題が、EU離脱の関門になるとは誰も 思わなかった。

・アイルランドの問題の源は宗教問題。ある王の恋愛トラブルがすべてを引き起こした。

・英国の迷走が、他国のEU離脱派を黙らせた。

など、「そうだったのか!」と思わず膝を打つような、わかりやすい解説を掲載。

都立大泉高校で大評判だった授業に大幅加筆。受験生、就活生、ニュースの背景を知りたい社会人にも最適の1冊です。





【編集担当からのおすすめ情報】
世界の国と地域を学ぶ人気シリーズの最新刊です!
この本の既刊については、読者の方から大変好評をいただいています。
曰く、
「暗記科目だと思っていた社会科の本当の面白さがわかった!」
「少し前の現代史がわかると、今起きていることがよくわかると、この本を読んで知った」などなど。
今回の「イギリスとEU」編も、EU離脱でイギリスがつまずいた理由を、「連合王国としてのイギリス」「階級社会」といった、さまざまな面から見ていきます。
わかりにくいEU離脱の事情だけでなく、イギリス社会の複雑さなども、池上彰さんの解説で、手に取るようにわかります。
ぜひ、ご一読ください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「池上彰の世界の見方シリーズ」第9弾。
    私にとっては7冊目。
    (「導入編」と「アメリカ」を読んでいないから。)

    毎回中高生相手の授業を池上さんがします。
    今回のお相手は都立富士高校の生徒さん。
    さすが優秀。

    イギリスについて初めて知ったことがいっぱい。
    「イギリス」で調べてみたら
    私がレビュー始めてから
    これで12冊目なのに…
    初めて知ってビックリすること満載。
    エリザベス一世とかヘンリー八世には妙に詳しいんだけどな。

    「階級社会」「軍事大国」が今回よくわかったかも。
    最近『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読んだし、BSで『小さな恋のメロディ』を見ました。
    おかげでよくわかりました。


    やはりBSで『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『英国王のスピーチ』を観たのを思い出し、「本と映画、並行して進めるのがいいな」と思いました。

    しかし、この本がでた後、EU離脱が本当に決定となり、いろんなことが気になりますね。

  • このシリーズのドイツ・インドが良かったので購入。

    少し古い話題ではあるものの、ブレグジットと英国の歴史・仕組みおよび課題が短時間で把握できる良書である。

    ヘンリー8世が開いたイングランド国教会、貴族制度やアイルランドとの紛争などについては、おぼろげながら知っていたものの説明できるほどではなく、改めて整理された知見が得られた。

    次はロシアかな…。

  • 連合王国、EU離脱とその背景、歴史、政治など、網羅的によくわかる。

  • 分かりやすくて面白く読めた。
    池上さんの本もっと読もうと思う♪
    ヘンリー8世が諸悪の根源(笑)

  • 在英5年から帰国して1年。
    今更ながら色々と学びがあって
    面白かった。

  • 池上彰が2019年10月現在のイギリスとEU、そして現在に至るまでのイギリスという国家を歴史等を踏まえて解説している。元々、高校での講義をまとめたもので、中学生や高校生向きではあるが、簡潔に解説しているということでわかりやすい一冊である。
    私自身が英文学を昔、勉強してきたということ、またざっとではあるがイギリスを一周旅行したこともあり、ある程度は理解していると思っていた。しかし「 EU離脱」を実際、イギリス国民がどのように感じているかなど地域や年齢によっても思うことが違うことがわかる。
    またイギリスが「階級社会」であるということはよく言われるが、インドの「カースト制度」とは異なり、これをどのように国民が思っているかということもこの本で理解できた。
    ニュース等で報道されるイギリスは世界にそれほどの影響力がない、「大英帝国」は過去の遺産と思っていたが、現代も国力の奥深さを認識した。

  • 「どうするんでしょうねぇイギリス」と思って手に取った一冊。個人的には案外、楽観視していたのだけれど、この本を読む限りそう簡単でもないようだ。特に経済面。

     制度の面でも、EUで決めて乗っかればよかったのが、自国で、となるとそれなりのコストがかかりそうだ。コモンウェルスでなんとかしちゃうんだろうか。

    「蒸気機関車の時代に石炭をくべていた人がそのまま電気機関車にただ乗っているという状態になりました」って、同じようなことが、DXとかAI時代の今、日本の官僚的な企業や役所とかでも起こっていそう 笑。

     しかし、階級社会だけは肌感覚がないせいか、どの本を読んでも腹落ちしない。

  • やはり分かりやすい解説。
    国や地域を知る為には歴史、宗教、政治それぞれ学ぶ必要があるなと思う。

  • イングランドとスコットランド、ウェールズ、北アイルランドとの関係性は新鮮だった。また、EUでありながらポンドを使用し続けたこと、イギリスの影響力が世界に及んでいること等、各状況に至った背景には納得させられた。今後日本がイギリスとどのように付き合って行くべきか、方向性を考えさせられた。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業。NHKで記者やキャスターを歴任、94年より11年間『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。2005年より、フリージャーナリストとして多方面で活躍中。東京工業大学リベラルアーツセンター教授を経て、現在は名城大学教授、東京工業大学特命教授、東京大学客員教授など。著書に『見通す力』『おとなの教養――私たちはどこから来て、どこへ行くのか?』『はじめてのサイエンス』『おとなの教養2――私たちはいま、どこにいるのか?』(以上、NHK出版新書)、『伝える力』(PHPビジネス新書)、『そうだったのか!現代史』(集英社文庫)、『わかりやすさの罠』(集英社新書)など多数。

「2021年 『おとなの教養3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

池上彰の世界の見方 イギリスとEU: 揺れる連合王国を本棚に登録しているひと

ツイートする
×