産婦人科医宋美玄先生が娘に伝えたい 性の話

  • 小学館
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093887526

作品紹介・あらすじ

子どもに「正しい」性知識を教えられますか

正確な性知識は、
人が自分の人生を生きていく中で
危険や望まぬ結果を回避したり、
好ましい関係を手に入れるために
不可欠なもの。

では「生理」や「出産」、「セックス」や「避妊」を
あなたはどこで学びましたか?
そして、大事な娘さんに
ちゃんと教えられますか?

性に関して、
慎重な日本では、
学校の性教育だけでは全く足りません。

ネットなどからの誤った情報で
子どもが勘違いする前に
親が正しい情報を手渡してあげておくことは
子どもが幸せな人生を手に入れる
ライフスキルを育てることなのです。

また、もし万が一娘さんが
性トラブルに巻き込まれたとき、
頼ってもらい、しかも守ってやるには
相談できる親子関係はもちろんのこと
親自身が正しい性知識も持っていなければなりません。

そこで、日本一有名な産婦人科医・宋美玄先生が
「生理」「妊娠」「性感染症」など
わかっていそうでわかっていなかった
正しい性知識を爆笑コミックで親向けにレクチャー。
また「子宮頸がんワクチン」や「ピル」、
「性暴力」や「LGBT」など最新のトピックも満載。

新しい「性教育」の教科書です。


【編集担当からのおすすめ情報】
何十年間も
「生理期間中は子宮の中に血がたぽたぽ貯まっている」
と誤った知識を信じ続けていた私。
しかし今回調べてみたら、性に関する知識は意外とみんなも曖昧で、
「子どもにちゃんと教えられる自信がない」人ばかり。

この本は、基本的な体のしくみから
「100年前にくらべて女の人の人生における生理の回数は約9倍」
「生理の血は逆流する」
「子宮頸がんワクチンは男子も打つべし!」
と、思わず「えっ!」と驚く最新情報も満載。

親の知識もアップデートして、
親子ともども自分のハッピーな人生を切り開きましょう

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みながら「私の母の性教育は、誤りばかり!」と思いました。
    昔の人だもん、仕方ないですよね。

    でもこの本に登場する、母より若いお母さん達も
    そんなに違わないということがわかりました。
    親の性教育は、あまり進化していないということかしら。

    ただ最近はネットの影響があるから
    昔のお母さんと同じでは
    ぜったいにいけません。

    そして「娘に」とあるけど、
    最後のページは「息子に」
    ぜったい伝えなければいけないことです。

    それで宋先生、ごめんなさい。
    とても良い本だと思いますが
    私、ピルだけはどうも受け入れられないです。
    サリドマイドなど薬害事件があったからです。

  • 子どもに対する伝え方がわかりやすく書いてある。このまま読ませてもよいと思った。

  • 図書館にて。娘に限らず息子にも伝えたいと思える大切な話が沢山あった。とっても読みやすいので、言葉で伝えづらい親子関係なら子供が1人で読むだけでも違うのではないかと思う。我が家はまだ小さいのでまだまだ伝えるチャンスはありそう。少しずつ実践して大事なことが伝わればいいなと思う。

  • すごいよかった!!読んでよかった!!
    娘には性を恥ずかしいものではなく
    ポジティブに捉えてほしいし
    女性の身体の事を1人で悩んでほしくない。
    母親として、適切な距離感でフォローしてあげたいな。

    母はまさに
    性とは恥ずかしいもの
    SEXなんてとんでもない!
    という昭和の塊のような人だったから
    母と性の話はしたくなかったし、してほしくなかった。

    生理が始まったことを言うのもすごく嫌だったし
    お赤飯とか嫌悪感しかなかった。
    母がそういうタイプだったからか
    私は早々に自慰行為を覚えていたし
    勝手にいろんなことわかっていったけれど、
    本音を言うならちゃんと教えてほしかったよね。
    (私の場合は母からではないけど)

    大人たちはあんなにSEXに興じているのに
    子どもに隠すのはおかしな話。
    娘には生理や妊娠のこともきちんと理解した上で
    SEXもどうぞ楽しんで頂きたいものよね。

    性の話にも通じるけれど
    これらの話が母娘でできるためには
    心の距離感がすごく大切で
    そのためには娘から信頼されてなければならなくて、
    さらにそのためには、
    私が娘のことをきちんと信頼していないとならない。

    だから、私が目指す自己肯定感を高める育児というのは
    ここでは重大な側面を持っているんだなと実感。
    これからも娘のことをたくさん愛していきたい。

    内容的には、
    生理の教え方やバースコントロールの話なんかは
    目からウロコですごく納得!
    ぜひ実践したい。

    今回は図書館で借りたけれど、
    巻末の性教育カードも役立ちそうだし
    娘がもう少し大きくなったら購入しようかな。
    紹介されていた絵本は今から買っておく!!


  • 読了。大事の話であった。


  • 2020年3月現在、周辺図書館ナシ

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする
×