新しい時代を切り開く「リーダー力」の鍛え方

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 8
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093887830

作品紹介・あらすじ

次世代のリーダーに贈る新しい教科書

働き方改革の波が押し寄せ、コロナによって激変する今。そんな時代に「リーダー」と呼ばれる立場にいる人やこれからその立場になる人々が、どう考え、行動すべきかをまとめた一冊です。上場企業を中心に5000人以上の管理者の研修に携わってきたコンサルタントが、日本企業に蔓延する「努力と気合と根性」といった精神論から脱し、変わりつつある時代に向けた新しいリーダーシップやマネジメントの着眼点を解説します。「リーダーに抜擢されたが、何をすればいいのか分からない」「部下とのコミュニケーションを重視しているが、結果に結びつかない」「リーダーとして成長する方法を知りたい」……そんなリーダー・次世代リーダーにおすすめです。

【著者プロフィール】
大野祥江……株式会社ミィロークコンサルティング代表取締役。人事コンサルタント/経営学修士/国家資格キャリアコンサルタント。企業の管理職を対象にした「評価者研修」をはじめ、「キャリアビジョン研修」「採用面接官研修」などの教育プログラム開発・実施に携わる。
https://miroque.co.jp/

【編集担当からのおすすめ情報】
働き方改革やコロナなどにより、職場や社会を取り巻く環境が激変しています。この本でとり上げている「リーダー」と呼ばれる人々についても、昇進年齢の低年齢化だったり、低成長時代にあって管理者だけでなくプレーヤーとしての役割も求められたりと、以前とは比べものにならないほどの変化の波にさらされているのが現状です。そんななか、新たに管理者になった人たちが上司に相談しても、ただ「頑張れ」という言葉だけで片づけられてしまう……。ここには時代が変わっても未だ変わることのない日本企業の古い体質が見え隠れします。本書は新しい時代のリーダーのあり方をそんな問題の本質から紐解き、人生100年時代における長期的なキャリアを見据えることで、成熟社会に対応したリーダーになるための道筋を示してくれています。単なる部下の育成方法や問題解決の仕方が書かれたリーダー論とは全く異なる、これからの時代にこそ役に立つ一冊と言えると思います。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 当たり前じゃん?という内容だった…あまり具体性もなく、期待外れ

全2件中 1 - 2件を表示

新しい時代を切り開く「リーダー力」の鍛え方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×