ニッポン、ほんとに格差社会?

著者 :
  • 小学館
3.24
  • (3)
  • (7)
  • (33)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093897051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2006年時点でのデータをもとに書かれているので、内容が2015年では古くなっている。

  • 非常にこなれた資料の使い方で、編集も優れている。十分使用に耐えるお得な本だと言える。

  • 「日本の政府は巨大である」「戦争放棄、は日本だけ」「日本は世界一の貿易大国」「日本でも格差は広がってきている」「日本人は貯蓄好き」「日本人は働き過ぎ」……etc.という「日本の常識」に、最新データを元に○×△で答えますよ、というのが、この本。
     ややこしい話を、よくぞここまで簡単に説明できるなぁという手際は、マジシャン級だと思う。
     個人的に「ちょっと違うんじゃないかな」「もすこし説明してほしいな」と思ったのは、「日本社会もかなり危険になってきた」という節。犯罪件数が増え、検挙率が低下していることについて「常識としては○」としているところ。他の先進国と比較してみるとまだまだ安全だということで最終的には「△」になっているが、「日本は過去に比較すると、治安の悪化が目立つようになってきた」と結論づけているのは、オレのここんところの読書からするとすぐには肯けない。
     という気がかりはあるにせよ、全体として「中学生でもわかる」くらいの書き方で、「日本の常識」がわかるというのは、すごい仕事だなぁと思う。

     トピックとしていちばん意外だったのは、「日本人は働き過ぎ」という一節。
     「カロウシ」という言葉がまんま用語になる、というくらい働いていると思ったのに。 実際、統計を取ってみても、日本人の「週あたり実労働時間」は42.1時間。イギリスは39.6時間、スウェーデンは36.0時間、カナダ32.1時間、アメリカ34.1時間……と比べて突出して高いのに。
     ところが、これにはからくりがあった。
     日本だけは「漁業従事者」が含まれていたのだ。
     この業種をのぞいたデータで改めて見てみると、スウェーデンやスイスよりも低いくらい、イギリスやイタリアにも負けていて、スペインやノルウェー、アメリカと同程度というところまで落ち込んでしまう……。
     まぁ、これにはさらにどんでん返しがあって。結局はパート労働者が増加したせいで、正規雇用の労働者の労働時間数はちっとも減ってないのに、数字上では労働時間が減っているという背景もあるので、なんともいえないところだが……。

  • 日本人の貯蓄は多くない。
    ほとんどが400万円以下。
    極端なかくさしゃかいは社会の安定にも欠ける。日本は意外にも元から格差社会だった。

  • 2006年発行で書かれている内容はちょっと古くなってしまっているが、いつも通りの池上彰さんらしいわかりやすい解説の本です。

  • 日本にまつわる常識を本当かどうか確かめてみようという本です。
    日本は小さな島国?→ヨーロッパなら大国 43ヶ国中6番めの大きさ
    など様々な角度から日本を見つめ直します。
    以外に知らなかったことがたくさん!
    勉強になりました。

  • 時事ものだから限りはあるけど資料性は大変高い。毎年出して欲しい。

  • ニュース等で言われている日本の常識はホントなのか?を欧米諸国と対比し、検証している。
    ・郵政民営化は先進国では常識?
    ・国会議員の数は多すぎる
    ・日本の生徒の学力は低下している 他。

    世間で言われている事は本当なのか。
    聞いた話をうのみにせずに、自分でも考えなくてはと思う本。

  • 図書館で借りた。

    日本の政府は大きい、日本人は働き過ぎ、日本の医療はレベルが低い、などよく新聞に出てくる割りには根拠があるかどうか分からないような事柄について、統計を用いた世界各国との比較を行っている。

    文が話しかけるような調子で書かれているため読みやすい。
    どんな統計を使ったかが巻末に事柄ごとにまとめられており、興味を持ったら今の状態についても自分で分析することが可能になっている。

  • 格差の拡大をはじめ,この国の政治経済にまつわる常識をデータで検証するというもの。結論としては△が多くて,ハッキリしない感じが多いですね。データの読み方にも関わってくるしね。学力低下については新発見で良かった。

全13件中 1 - 10件を表示

池上彰の作品

ツイートする