安楽死を遂げた日本人

著者 :
  • 小学館
4.18
  • (30)
  • (31)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 418
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093897822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前著から、さらに深みを増した取材。労作である。このやうな著作にはなかなか出会えるものではない。

    日本人の例をいくつか取り上げながら、色々考えさせられたし、小島さんの例は心をかき乱された。 nhk スペシャルを見ていたことも大きいが。たしかにもっと死について、死にかたについて、話しておく必要がある。

  • Nスペでも取り上げられてた実際の小島ミナさんの安楽死に至るまでの経緯が丁寧に書かれている。
    うーん、テレビで見る限りゆっくりだけど話せて意志の疎通もできてまだまだ”死”のタイミングではないような感じを受けたんだけど、この本を読んでとにかく間に合わなくなることを恐れていた(スイスの行く体力があるうちにというのが大きかったみたいで)もしこの期を逃したら多分自殺を実行していただろう。(ネットで一緒に死んでくれる方を真剣に考えていたらしい。)
    いろんな奇跡が重なって(キャンセルが出たり)安楽死のが実行されたことは(語弊がるかもしれないけど)小島ミナ氏にとってすごく幸運だったんだと思う。神に感謝したくなるくらい。
    いくら条件がそろっていても望む人みんなが安楽死をできるわけではない。
    ほんとにケースバイケーシで。安易に語るものではない難しい課題だ。

  • 6月初旬に放送されたNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」を見て興味を持ったので手に取った。

    私は安楽死と尊厳死の区別を知らなかったので知識を深めることができて良かった。
    日本でも安楽死が認められるようになって欲しい。
    まずそのためには議論が必要でNHKスペシャルもこの本も一石を投じる良いきっかけになっている。

    著者はジャーナリストとして第三者であろうとしているが
    安楽死希望者に海外の安楽死を行う団体とのコーディネート役を求められることがあるようだ。
    著者は取材の一環ではあるが
    今作に登場した女性との関わりにより一層その役割を求める人が現れるだろう。
    著者も日本人にとって安楽死の取材を続けることで
    どんなに注意を払っても今作と同じような状況になることが
    またあるだろう。
    そういった状況が積み重なることで著者が心身ともに疲弊してしまわないか心配だ。

    次は著者の「安楽死を遂げるまで」を読みたい。

  • 490

  • NHKスペシャルの番組を観て、なぜ彼女が安楽死(自殺幇助)を選んだのか知りたくて手に取った。
    不治の病いを患って「もう50年も生きたから、まぁいいか」とのことだったけど、私だったら「まぁいいか」とはまだ思えない。
    どう死ぬかを考えることは、どう生きるかを考えること。
    自分の生き方について考えさせられた。

  • スイスで安楽死を遂げた日本人をメインにしたノンフィクション。NHKスペシャルで見たが、同時取材だった。あの番組で疑問に思ったいくつかの点が解消された。たとえば彼女に付き添ってスイスまで来た2人の姉のこと、言葉の問題、お金のことなど。本人が希望しても家族の同意がなければというのはわかるが納得はできない。治療する医師が命を奪う手助けをするのは相当な負担だろうと思う。患者だけの問題ではないのだ。前著で安楽死を取り上げたことで、希望者・実施者双方から助言を求められる立場になってしまった宮下氏の困惑も伝わってくる。

  • 「安楽死を遂げるまで」の続編。著者が前作で舞台としたスイスの医療機関で安楽死を遂げる日本人を追って、日本の安楽死をテーマにしたもの。
    安楽死を遂げた主人公である女性の最期は確かに美しい。でもそれは彼女にとってのベストということであって、人それぞれに自ら答えを出していかなければならない。死生観があいまいなままでは、答えを出すこと自体が重たい課題だ。
    前作同様に結論を求めず、自らの揺れ動く心情を隠さず、少し距離を置いて色々な角度から見てみよう、ありのままと思えるものを伝えよう、とする著者にとても共感が持てた。

  • NHKスペシャルを観て、衝撃を受けました。

    映像で観る小島さんの姿は、話し言葉や口調から知的で聡明な女性だと感じました。
    そんな彼女が何故安楽死を選んだのか、そこに至るまでの経緯を知りたくなったのです。

    番組内では描き切れなかったであろう安楽死を遂げるまでの裏側、そして小島さんご本人、ご家族の方々、著者、安楽死を施す医師、各々の心情が書かれてます。

    もし私が彼女と同じ立場になったとしたら、私も安楽死を選ぶと思います。
    ですが、安楽死に辿り着くまでの道のりは今の日本ではとても困難です。
    小島さんの安楽死は想定外の早さで進んでいくのですが、人生はタイミングの連続だと考えると、やはり小島さんは選ばれたのかもしれませんね。
    客観的にみると、やはり著者の影響も大きかったのかなぁと。

    最後の時、自分でスイッチを入れ、家族と互いに感謝の言葉を口にしながら旅立つ。
    映像で観たせいか、私自身の中に印象深く刻み込まれてます。
    事故で突然亡くなったり、闘病の末に身体がボロボロの状態で亡くなったり、そういうケースと比べると本当に死にゆく者と残される者の互いが納得できる亡くなり方なのかなと思いました。

    延命治療に意義があるとは思えない私は安楽死賛成派です。
    自分の人生の幕を、自分でおろして何が悪いのか。
    「私が私であるうちに安楽死を施してください。」
    彼女の言葉が胸に刺さる。

    最後になりましたが、小島ミナさんのご冥福をお祈りいたします。

  • 2019/06/08リクエスト
    先日のテレビ放送見られなかったのが本当に残念。
    とてもいい内容です。
    前作もとてもよかった。
    私自身も難病持ちなので、考えることは多いです。
    残された家族の想い、それも大切だし。
    家族の苦しむ最期の姿を見たので、頭から離れない。
    私自身は家族にそのような姿を見せたくない。
    笑って感謝の気持、さようならを伝えたい。
    セデーションも、身近で見たので、あれが最善だとも思えない。
    何しろ人生にそう何回も、そのような場面が訪れることはないので、起こったときは真剣に向き合わざるを得ないし、それでもあとあと後悔したりもする。
    難しい内容にも関わらず、うまくまとめてあると思います。
    多くの人に読んでほしい素晴らしい本です。

全42件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2020年 『外国人ぎらい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野啓一郎
川越宗一
伊坂 幸太郎
恩田 陸
森見登美彦
濱野 ちひろ
凪良 ゆう
伊坂 幸太郎
川上未映子
ソン・ウォンピョ...
宇佐見りん
レティシア コロ...
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×