安楽死を遂げた日本人

著者 :
  • 小学館
4.18
  • (30)
  • (31)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 418
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093897822

作品紹介・あらすじ

NHKスペシャルでも特集!

ある日、筆者に一通のメールが届いた。
〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉

送り主は、神経の難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前に死を遂げたいと切望する。彼女は、筆者が前作『安楽死を遂げた日本人』で取材したスイスの安楽死団体への入会を望んでいた。

実際に彼女に面会すると、こう言われた。
「死にたくても死ねない私にとって、安楽死は“お守り”のようなものです。安楽死は私に残された最後の希望の光です」

彼女は家族から愛されていた。病床にあっても読書やブログ執筆をしながら、充実した一日を過ごしていた。その姿を見聞きし、筆者は思い悩む。
〈あの笑顔とユーモア、そして知性があれば、絶望から抜け出せるのではないか〉

日本では安楽死は違法だ。日本人がそれを実現するには、スイスに向かうしかない。それにはお金も時間もかかる。四肢の自由もきかない。ハードルはあまりに高かった。しかし、彼女の強い思いは、海を越え、人々を動かしていった――。

患者、家族、そして筆者の葛藤までをありのままに描き、日本人の死生観を揺さぶる渾身ドキュメント。


【編集担当からのおすすめ情報】
NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(6月2日放送)も、この女性を特集――。同番組には、筆者が取材コーディネーターとして関わっています。番組に興味を抱いた方は、その舞台裏も描いた本書をお読みください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の前作もNHKの特集も知らない状態での読了です。

    内容について興味があったので読みました。
    安楽死というものを漠然と逃げ道の様に捉えており、きちんと理解しようとしたことはなかった自分に気づかされました。
    自分の健康状態は、今はまだ終わり方を具体的にイメージできる段階ではないです。しかし、いつか必ず向かい合わないといけないときが来ます。(向かい合う時間もなく終るということもありますが。)
    そんなときに知識不足で視野が狭くなるということは避けたいです。安楽死だけでなく、セデーションや緩和ケアといった方法への理解も深めておきたいと思いました。

    内容は面白かったのですが、著者の文章は自分には単調で少し押し付けがましく感じました。記者らしい文章というか、客観的でないといけないのは解りますが人を寄せ付けないような一歩離れた文章でした。

    内容に興味がある方は読んでみてもいいかもしれません。NHKの特集の方は機会があれば見たいと思います。

  • 読み進めながら、この本に出てくる小島ミナさんのこと、知っているような気がしていた。NHKの番組を観たことがあるんだと思う。
    たまたまついていたのを、引きこまれて観た記憶がある。
    安楽死、尊厳死、セデーション、私はどれもちゃんとわかっていなかった。そして筆者が書くように、本の中で色々な人が言うように、日本では「死」について議論があまりなされていない。
    自分が同じような状況になったときに同じ選択をするかはわからない。
    けど、選択肢があることでそれが光になる人もいるし、簡単には決められない問題なのだろうなぁ。
    とここまで感想を書いたものの、モヤモヤまとまらないので追記。
    幡野さんの言うように、患者の気持ち優先という気持ちもわからなくはない。でも筆者の言うように、残された家族側の気持ちも完全に無視していいものだとは思わない。
    自分が患者の立場だったら……自分が家族の立場だったら……といろいろ考えたけど、結局こう言うことを自分だけで考えて終えてしまうからダメなのかな。会話にしにくいけど、私はこうしてほしいと伝えておくのも大事だし、家族がどうされたいのか聞いておくのも大事だなぁ。あと、自分の希望を伝えた後、それについてどう思うか聞くのも大事なのかもしれない。こういうことを含めて、日本は話し合う機会が少ないんだと思う(海外事情は知らないけども)

  • 具体的な安楽死のプロセスが書かれていて、精神的にも身体的にも病んでいたときに読んで救いになった。

  • 安楽死と尊厳死の違いなどはっきりしてなかったことが良くわかると共に考えさせられることも多かった.実際自分だったらどうするだろうと思いながら読み進んだ.日本も法律が変わらない限り選択肢が限られるが,生きる権利が大切なら死ぬ権利も大切なので,この本がもっと読まれて欲しいと思った.

  • 衝撃。こんなにも死ぬことに、精力を尽くしてしっかりと準備していく心情。 生きるのは苦しい。けれど、衝動的にではなく自分で終わらせることを決めるという心情。 良いとか悪いとか、まだ考えられないな。 ただ、生きていきたいと思ってもらえるような繋がりを作れるようにしたいとは、思う。決して、簡単なことではない。

  • 宮下氏の安楽死に関しての第2作。今回は新潟に住んでいた多系統萎縮症の女性を軸に話が進む。40代になって多系統萎縮症という次第に全身が動かなくなる神経難病に侵された小島さん。彼女は外国人の自殺幇助を受け入れるスイスに行き、前回の宮下の著作で紹介されたフライシック医師のもとに安楽死(スイスの法律的には自殺幇助)を求めに行く。彼女には2人の姉と1人の妹がおり、当然彼女たちは最初は反対する。が、本人が2回の自殺企図をした後、次第に本人の希望を受け入れていく。その葛藤を丹念に書いたこの著作を通じて日本でも安楽死論がきちんとできると良いと感じる。相変わらず著者は日本人には向かないというスタンスで、その点で私は非常に落胆する部分はあるのだが。
    尚、小島さんの死はNHKが取材しており、本書を読むなら番組もオンデマンドで診るべきと思う。
    https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009051076_00000

  • 昨年放送されたNHK番組を観て大変衝撃深く、よくここまで個人に迫った、安楽死という難しいテーマにそったドキュメンタリー内容を作られたなと感慨を受けていた。その取材の詳細、安楽死までのご本人の経過と著者の考察について書籍化されたもの。
    つい先日に安楽死幇助の事件があり、個人の死ぬ選択、生きる選択についての話題に触れ、日本での安楽死の制度化については、もっと広く議論されるべきだし、安楽死を希望する重度障害者の存在やその気持ちを少しでも知るべきだと思う。
    この小島ミナさんと姉妹の沢山の苦悩、ミナさんと関わる様子や心の葛藤、揺れる気持ちの機微が読む者にすごく伝わり良本でした。安楽死に賛成ではない著者のご家族に寄り添った丁寧な取材の様子も伺えて安堵しました。賛否に関わらず読んで欲しいです

  • 送り主は、神経の難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前に死を遂げたいと切望する。彼女は、筆者が前作『安楽死を遂げた日本人』で取材したスイスの安楽死団体への入会を望んでいた。実際に彼女に面会すると、こう言われた。「死にたくても死ねない私にとって、安楽死は“お守り"のようなものです。
    安楽死は私に残された最後の希望の光です」
    彼女は家族から愛され、病床にあっても読書やブログ執筆をしながら、充実した一日を過ごしていた。その姿を見聞きし、筆者は思い悩む。〈あの笑顔とユーモア、そして知性があれば、絶望から抜け出せるのではないか〉
    日本で安楽死は認められていない。日本人がそれを実現するには、スイスに向かうしかない。それにはお金も時間もかかる。四肢の自由もきかない。ハードルはあまりに高かった。しかし、彼女の強い思いは、海を越え、人々を動かしていった――。
    患者、家族、そして筆者の葛藤までをありのままに描き、日本人の死生観を揺さぶる渾身ドキュメント。
    〈 編集者からのおすすめ情報 〉
    NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(6月2日放送)も、この女性を特集しました。同番組には、筆者が取材コーディネーターとして関わっています。【目次】
    第一章 我が運命の支配者 第二章 孤独と歩む
    第三章 幸運を祈ります 第四章 焦りと混乱
    第五章 最高の別れ 第六章 家族を取り戻した男
    第七章 遺灰

  • 欧米人を描いた前作と違い、今作は日本人が描かれていたので印象が違った。
    欧米人の「死ぬ権利」より、日本人の「人への迷惑」という姿勢の方が重いな。実際は迷惑と思っていない家族もいるんじゃないかな?過剰に慮る日本的な思考も考えものだと思う。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2020年 『外国人ぎらい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ソン・ウォンピョ...
宇佐見りん
森見登美彦
ヨシタケシンスケ
恩田 陸
川越宗一
濱野 ちひろ
川上未映子
砥上 裕將
辻村 深月
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

安楽死を遂げた日本人を本棚に登録しているひと

ツイートする
×