シベリア追跡

著者 :
  • 小学館
3.42
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093940429

作品紹介・あらすじ

200年前シベリアを流浪した日本人がいた…。椎名誠、夢、幻の男を追う。その男-伊勢の漂流民・大黒屋光太夫の足跡を求めて極寒の現代シベリア深奥部まで踏破!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  雹時々晴すぐ豪雨。アリューシャン列島極限のアムチトカ島には、黒雲と全方位から吹きつけるつむじ風と雹まじりの雨が吹き荒れた。崩れかけた格納庫の中で焚火をして雨つゆをしのぎ、右半身だけびしょ濡れの寝袋を乾かす。事態ははやくもヒサンを極めてきたけれど、二百年前ここに漂着して四年間を暮らした大黒屋光太夫ほか十七人の船乗りたちよりましである。

  • 小学館、「週刊ポスト」連載、昭和63年1月10日初版第2刷、1230円(本体1194円)

全2件中 1 - 2件を表示

シベリア追跡のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする