歩-私の生き方・考え方-

著者 :
  • 小学館
3.44
  • (3)
  • (10)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 69
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093965255

作品紹介・あらすじ

「脇役の一流」を目指した男の思考と努力

今季限りで引退したヤクルト・宮本慎也選手。
入団時は、野村克也監督から“自衛隊”と呼ばれたように“守備の人”としての印象しかなかった彼ですが、12年には2000本安打も達成、攻守ともに一流の球界を代表する選手となりました。ヤクルトばかりか、五輪代表でも主将を努めるなど、リーダーとしての評価についても、誰もが認めるところです。
PL学園、同志社大、プリンスホテルと進み、さまざまな恩師との出会いのなかで、技術論、精神論など、どんな教えを受け、何を学んできたのか。さまざまなエピソードとともに初めて明かします。
「脇役の一流」を目指した男が「歩」から「と金」になるまでの「思考と努力」の全軌跡です。
飛び抜けた資質をもたぬ人間はどう生きればいいのか。ここには、明日への助言が溢れています。野球ファンばかりか、ビジネスマンも必読の一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きな事に対する向上心、興味、熱意が自分には足りないことに気づかされた。

  • 私のような素質に恵まれない選手でも、努力の方向性を間違えず、野球と向き合う時間を長くして、さまざまなことをかんがえ、努力して行けばそれなりの選手になれるのです。

  • 昨シーズン限りで現役を引退した元スワローズの宮本慎也氏の自伝。宮本氏の今までの生き方、考え方はさんこうになるものがあった。

  • 二〇一三年で引退を決めた、ヤクルトの宮本慎也さんの著書。
    本人が淡々とこれまでの人生を振り返って書いていて、読みやすい。文章が、とても謙虚。
    「野球を楽しいと思ったことがない」という宮本さん。「これができなければ、生きていけない」と感じていたという。
    やっぱり、プロの感覚はすごいなあと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

宮本慎也の作品

ツイートする