お多福来い来い: てんてんの落語案内

著者 :
  • 小学館
3.25
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093965439

作品紹介・あらすじ

笑いと涙と希望が詰まったコミックエッセイ

「どうせ私なんて 何やっても うまくいかないんだ。
私は何もできないダメ人間だし 私なんてオタフクだし」

そんなネガティブ思考クイーンだった漫画家・細川貂々さんが――

「どうも私 なんだか何をやっても うまくいきそう。
私はうたれ強いカメ人間だし 私はお多福だから シアワセがたくさん来る」

と、落語を通して希望をもてた!

貂々さんが本書で取り上げるのは、「芝浜」「牛ほめ」「まめだ」「七段目」「死神」「寿限無」「唐茄子屋政談」「七度狐」「松山鏡」「後生うなぎ」「始末の極意」「替わり目」「時うどん」「あたま山」「ざる屋」など名作古典落語24演目。

落語に登場する「愛すべきダメ人間」たちに学んだ「シアワセの招き方」を愛情たっぷりに描きます。

「自分が大キライ」――生きづらさを感じているあなたを励まし、そっと背中を押してくれる、かつてない落語コミックエッセイ集の誕生!

笑えて泣けて、希望がわいてくること請け合いです。

【編集担当からのおすすめ情報】
本書には、細川貂々さんが落語を学んだ釈徹宗先生や、貂々さんのコミックエッセイには欠かせないツレさん、ちーと君もたっぷりと登場します。
貂々さんファンの皆さんにはもちろん、落語好きのかたや落語ってどんなものだろうと関心のあるかたも楽しめる内容になっています。

何より、落語の登場人物たちがもっている幸も不幸も笑い飛ばす生きる力、自己肯定力が、貂々さんの視点を通してどんなふうに描かれているか。ぜひご堪能ください。読むとお多福がやってくる、楽しい1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 落語の話ということで図書館で借りたのですがまさかのコミックでした。
    軽くお噺の内容を教えてくれるというものでした。
    もう少し本格的なのかと思っていたので少し残念でしたが、これはこれで面白かったです。
    私も図書館で落語のCDでも借りようかなと思いました。

  • 落語の前の予習に。
    江戸前との違い。
    まめだ、聴きたい。

  • ネガティブ思考の著者が、落語に親しむことによって、少しずつポジティブになっていく

    落語が大好きなのでとても面白く読んだ

    上方落語と江戸落語の違いもわかって面白かった

    笑いあり、涙あり

    元気がもらえたコミックエッセイ

  • 関西の宝塚におられるので、親近感がわいた。
    落語の演目紹介が主。
    その中の「七段目」が面白そうで、実際に聞いてみた。
    面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『生きづらい毎日に それでいい。実践ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お多福来い来い: てんてんの落語案内のその他の作品

細川貂々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
細川 貂々
佐藤 正午
トーン テレヘン
ヴィクトール・E...
宮部 みゆき
村田 沙耶香
宮部 みゆき
宮下 奈都
矢部 太郎
又吉 直樹
恩田 陸
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする