岐路に立つ君へ―価値ある人生のために (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.73
  • (11)
  • (17)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094028973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【本の内容】
    年長の友人を死の床に見舞った時、僕は厄介なことを頼まれた。

    彼の息子N君の面倒を見てくれ、「男の生き方」を教えてやってくれ、と頼まれたのである。

    こうして始まったN君への折々の手紙。

    「死者の視線とともに生きることぐらい大事なことはない」

    「就職をするのは簡単だ、でも仕事を見つけるのは難しい」

    「君が内定を得られなかったのは君自身の『存在』『価値』とはまったく関係ない……」

    就職、転職、独立、結婚など人生の岐路で悩む若者への真摯な言葉は、読む人に力と励ましを与えずにおかない。

    「人生」をほんのちょっとだけ真剣に考えてみよう。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 評論家の福田和也が、亡くなった友人の息子の「N君」に向けて書いた8通の手紙というスタイルの本で、若い人に向けて「仕事」や「世間」、「人生」についての著者のメッセージが示されています。

    あるときは、就職で苦しむN君に「いかに生きるか」が人生で一番大事なことだと語り、またあるときは、「世間」が自分を容れる場所は非常に狭いということを知ることは大切だと諭します。仕事を通して社会と渡り合うタフさを身に着け成長していくプロセスに応じた励ましの言葉が並んでいます。

  • 結構好きな本。福田和也が説く「男の生き方」。何度か読んでいる。

  • 進路選択に悩んでいたとき、先輩が黙って貸してくれました。生きることの意味から、働くということにどのような価値を見出していくか、ということを慶応大学の教授である著者が手紙形式で綴ります。大変読みやすく、また再び読み返したくなるほど奥が深い。就職で悩む若者、ぜひ。

全4件中 1 - 4件を表示

福田和也の作品

ツイートする