あやしい探検隊焚火発見伝 (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.43
  • (6)
  • (9)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094030112

作品紹介・あらすじ

タヌキ汁はなぜうまいのか?猪肉はなぜ牡丹というのか?タケノコの地獄焼きとは何か?古くからなじみの食材をめぐっておなじみの焚火集団が大研究、大満足、大激論!!ご存じ椎名隊長率いる"あやしい探検隊"その料理長リン(林政明)さんとともに北は北海道から南は沖縄、果ては海外雄飛モンゴルまで土地土地の食材、焚火料理を求めて東奔西走南船北馬。タヌキ、巨大アンコウ、モンゴル羊、地ジャガ、タケノコ、アブラアゲ、猪、ニンジン、バカ貝と喰いに喰ったりあの味この味。リンさんの料理実践記、喰えばわかった座談会と、面白くてためになるとは本書のことだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きなシリーズではあるが、何作目からかは読んでなかった。なんとなくパワーダウンを感じたり、ちょっと飽きちゃったり、まったく我ながら読者というのは勝手なものだ。最初の二作を再読したのをきっかけに、続きも制覇することにした。

    これは料理人リンさん登場後で、食事がとてもおいしそうだ。口絵のカラー写真も楽しい。

  • あのリンさんチャーハンの林政明さんと椎名さんの共著。
    とにかく色んな料理に挑戦したくなる一冊。
    個人的にはあぶらあげの話がかなり興味深く、脇役なあぶらあげの良さを再確認することができた。
    食べ物のルーツに関する話も非常に興味深かった。

  • タヌキ鍋食べたい。

  • 私が焚き火愛好者になったのは、椎名誠のあやしい探検隊シリーズを読んでからやと思う。

  • 元は親父が持ってた本。勝手に読んでみたら面白かった。
    個人的に羊料理と猪鍋が気になってる。

全5件中 1 - 5件を表示

あやしい探検隊焚火発見伝 (小学館文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする