半蔵幻視 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)

著者 :
  • 小学館
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094037517

作品紹介・あらすじ

武田方との通謀を疑われ、徳川家康は正室・築山殿と嫡男・三郎信康の処分を織田信長から強要される-家康生涯の最大の痛恨事といわれる岡崎城始末。信長への忠節か、一子への愛か-究極の選択を迫られた家康は伊賀忍の頭・服部半蔵に切腹の使者を命じる。徳川一族を陥れんと暗躍する間者間の死闘、記憶を失った謎のくの一。果たして信康は、生きているのか…!?天下取りの陰で抹殺された男の生きざまと、歴史の狭間に見え隠れする忍びの者たちの苦悩と活躍を描く、忍者小説の手練れ・嶋津義忠の書き下ろし新作を二篇収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 信康切腹事件。微妙に淡々とした話でした。結局信康は死ななければならない運命だったんですね。

  • 武田方との通謀を疑われ、徳川家康は正室・築山殿と嫡男・三郎信康の処分を織田信長から強要される―家康生涯の最大の痛恨事といわれる岡崎城始末。信長への忠節か、一子への愛か―究極の選択を迫られた家康は伊賀忍の頭・服部半蔵に切腹の使者を命じる。徳川一族を陥れんと暗躍する間者間の死闘、記憶を失った謎のくの一。果たして信康は、生きているのか…!?天下取りの陰で抹殺された男の生きざまと、歴史の狭間に見え隠れする忍びの者たちの苦悩と活躍を描く、忍者小説の手練れ・嶋津義忠の書き下ろし新作を二篇収録。

    2009.9.20読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家

「2021年 『北条義時 「武士の世」を創った男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋津義忠の作品

半蔵幻視 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×