童話集 春(小学館文庫): 新撰クラシックス (小学館文庫―新撰クラシックス)

著者 :
  • 小学館
3.41
  • (4)
  • (5)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094042122

作品紹介・あらすじ

美人画の夢二が、子供のために遺した唯一の童話集

センチメンタルな画風の「夢二式美人」によって画家として広く知られる竹久夢二。しかし彼が、子供向けの雑誌に挿絵を描き、童謡や詩を発表するなど、「子供のための仕事」も数多く遺していることはあまり知られていない。『童話集 春』は、自身による豊富な挿絵も可愛らしい、全19篇を収載した夢二唯一の童話集。美と愛への憧憬に生きた夢二の、少年のように純粋な気持ちと幼なき者を愛する心が溢れ出る、大正ロマンの香り漂う1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大正時代の子供の雰囲気が伝わる童話集。ストーリーというよりスケッチ風。夢二童話の子供は庶民の子というより良い家の坊っちゃん嬢ちゃんという感じがした。

  • 可愛い!!!!!

  • 童話も書いてたんですね竹久夢二。金沢で夢二記念館行ったので買って読んでみました。夢二の描く世界は、まだ近代化途上の日本、中央集権と産業化で都市/農村が切り離されていった時代。大正デモクラシーらしく、名も無き弱き個人への視座というものがあり、近代的都市への憧れと拭い去れぬ前近代があり、当時の空気というものが的確に落とし込まれているのではと感じました。お話としては、オスカーワイルドの童話を彷彿とさせるかんじ。うつくしくて、脆くて。なんだかとてもかなしくなった。イノセンスへの慈しみっていつもいつもどうしてこんな風にしかなれないんだろう。

  • 春はあったかくていいね。心とおんなじで。

  • たまたまBook Offで竹久夢二の名前を見かけ、
    手にとって見た。
    美人画や宵待草で有名であるが、子供向けの童話集を
    著していたのは、はじめて知った。

    本自体はやはり大正ロマンを感じるものの、
    あまりかわいげはない童謡かな。
    ただ、挿絵も自分で書かれてるようで、雰囲気は楽しめます

    ここではタグが使えないみたいで、大正ロマンに浸りたい方は、
    プロフィールに記載しているブログの方からどうぞ。

  • もっと幼い頃に出会っていたかった。金沢へ行くとき電車の中で読んだ思い出の本。

  • 大正ロマンの香りあふれる装丁と、自身の挿絵によるセンチメンタルな童話集。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1884年 岡山県邑久郡(現、瀬戸内市)生まれ。本名・茂次郎(もじろう)。
16歳で上京、早稲田実業学校在学中の明治38年末にデビュー。以後コマ絵や挿絵を数多く発表、またセンチメンタルな画風の〈夢二式美人画〉を確立。日本の郷愁と西欧のモダ二ズムを自在に表現した作風で、日本画・水彩画・油彩画・木版画等制作を行った。
さらに大正3年(1914)に「港屋絵草紙店」を開店させて生活の芸術化を図り、デザイン分野にも力を注いだ。その他、詩や童謡も数多く創作。多種多様な作品を遺した、大正ロマンを代表するアーティストである。

「2019年 『竹久夢二という生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹久夢二の作品

ツイートする